ニュースリリース
2014年1月16日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

迫力あるA3写真や文書のプリントをコンパクトボディーで実現
インクジェットプリンター“PIXUS iP8730”“PIXUS iX6830”を発売


キヤノンは、インクジェットプリンター「PIXUS」シリーズの新製品として、A3ノビ対応の“PIXUS iP8730”と“PIXUS iX6830”の2機種を、2014年2月中旬より発売します。

発売情報

PIXUS iP8730

価格
オープン価格
発売日
2014年2月中旬

PIXUS iX6830

価格
オープン価格
発売日
2014年2月中旬

おもな特長

新製品は、A3ノビまでのさまざまな用紙のプリントに対応した、コンパクトなボディーのインクジェットプリンターです。コンシューマー向けの“PIXUS iP8730”は6色ハイブリッドのインクシステムを採用することで、カラー写真もモノクロ写真も高画質でプリントできます。ビジネス向けの“PIXUS iX6830”は標準/大容量に加え、特大容量の顔料ブラックインクタンクを用意することで、特に大量の文書印刷を必要とするビジネス環境での生産性を高めます。
どちらもWi-Fi(無線LAN)に対応することで、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットからも場所を選ばずに、迫力あるA3サイズの写真や文書を手軽にプリントできます。

6色ハイブリッドによる、鮮やかで美しい写真高画質

“PIXUS iP8730”は写真に強い染料インクと文字に強い顔料ブラックインクを含む6色インクタンクを搭載し、染料インクにはグレーインクを採用することで、A3ノビまでのさまざまな用紙でカラー写真もモノクロ写真も手軽に高画質でプリントできます。

特大容量ブラックインクタンクと高速プリントによる高い生産性

“PIXUS iX6830”は標準/大容量インクタンクのほか、特大容量の顔料ブラックインクタンクを採用することで、A4普通紙のモノクロ文書のインクコストが約2.5円(税別)となり、標準インクタンクに比べて印刷コストを削減するとともに、ユーザーによるインクタンクの交換頻度を低減します。また、従来機種「PIXUS iX6530」(2011年4月発売)に比べ、カラーで約1.2倍、モノクロで約1.3倍にプリントスピードが速くなり、高い生産性を備えています。

コンパクトボディーとWi-Fi対応で場所を選ばず手軽にA3プリントを実現

洗練されたデザインとコンパクトなボディーに加え、Wi-Fi(無線LAN)に対応することで、場所を選ばずに置きたいところにプリンターを設置することができます。また、PCだけでなくスマホやタブレットといったスマートデバイスからも簡単に写真や文書をプリントすることができます。

インクジェットプリンターの市場動向

インクジェットプリンターおよびインクジェット複合機の市場において、2013年の出荷台数は国内では約576万台、全世界では約6,750万台と見込まれています。2014年の出荷台数については対前年比で国内はほぼ横ばい、全世界では増加と予想されます

商品紹介ページ

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。パーソナル向けショールーム

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター iP/iXシリーズ

電話番号
050-555-90011
戻る
このページのトップへ