ニュースリリース
2014年2月3日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンが経済産業省主導の環境制度を複合機で初めて導入


キヤノンは、経済産業省が主導する「カーボンフットプリント※1を活用したカーボン・オフセット※2」制度を複合機で初めて導入します。本制度により、キヤノンの再生複合機でカーボン・オフセットを行うことで、製品ライフサイクル全体のCO2排出量ゼロを実現します。


おもな特長

今回、本制度を導入する製品はキヤノンの再生複合機Refreshedシリーズのうち「iR C3580F-R」など合計6機種です。「iR C3580F-R」はキヤノン独自の再生技術により、新製品と比べ、質量比で約76%の部品の再利用率を達成し、環境負荷の削減に取り組んでいます。
「iR C3580F-R」は、これまでも製造段階までのCO2排出量をオフセットしていましたが、今回の制度を導入することで、製品ライフサイクル全体で排出されるCO2排出量をオフセットし、製品の物流やユーザーによる使用、廃棄、リサイクル処理まで含めた、製品ライフサイクルでのCO2排出量ゼロを実現します※3
CO2排出量がゼロと認定されると、環境に配慮した製品として経済産業省より認定証として「どんぐり」マークが付与され、製品やカタログで使用可能です。キヤノンではこの「どんぐり」マーク認定の再生複合機を2014年3月より順次販売していく予定です。

キヤノンは、2012年12月にimageRUNNER ADVANCEシリーズのうち9モデルが、複合機で初めてカーボンフットプリント宣言認定を取得するなど、製造から輸送、使用、リサイクルまで製品ライフサイクル全体でのCO2削減に取り組んできました。今後も、キヤノンの環境ビジョン「Action for Green」の実現に向け、技術革新と経営効率の向上により、消費者に環境活動の取り組みを分かりやすく伝えるとともに、環境に配慮した製品を提供していきます。

<ご参考>

「カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット」制度の詳細につきましては以下のWEBサイトをご参照ください:

紹介ページ

戻る
このページのトップへ