ニュースリリース
2014年5月8日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

短焦点でハイレンズシフト機構を搭載したLCOS(エルコス)
液晶プロジェクター“WUX400ST”/“WX450ST”を発売


キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、短焦点でハイレンズシフト機構を搭載した、LCOS(反射型液晶)プロジェクター“WUX400ST”と“WX450ST”を、2014年5月下旬より発売します。

WUX400ST/WX450ST

発売情報

パワープロジェクター WUX400ST

価格
オープン価格
発売日
2014年5月下旬

パワープロジェクター WX450ST

価格
オープン価格
発売日
2014年5月下旬

おもな特長

“WUX400ST”は、ハイレンズシフト機構を搭載することで、画面領域の約75%分まで上方にシフトすることができます。また、短焦点で約1.2mの短い距離から約100型の投写が可能です。これにより、教育機関や講堂、展示会場などの中規模な屋内空間において、簡単な設置やスペースの活用などを可能にする、高輝度・高解像度を両立したプロジェクターです。

短焦点でハイレンズシフト機構を搭載し新たな利用シーンを創出

キヤノン独自開発のハイレンズシフト機構を搭載したことにより、“WUX400ST”は上方に約75%画面をシフトすることができます。これにより例えば、会議室内でテーブルの下からの投写を可能にし、会議テーブルのスペースの活用や、プロジェクターの排熱を回避することができます。

短い距離から歪みのない映像を投写することが可能

“WUX400ST”は、投写距離と画面横幅の長さが約0.56:1の投写比率を実現することで、約100型の映像を約1.2mの短い距離からゆがみなく投写することができます。

高輝度・高解像度を両立した大画面で高画質な映像を投写

“WUX400ST”は、4,000lm(ルーメン)の明るさでWUXGA(1,920×1,200画素)の規格に対応し、“WX450ST”は、4,500lmの明るさでWXGA+(1,440×900画素)の規格に対応しています。これにより、両機種とも最大約300型までの大画面投写が可能です。さらに、キヤノン独自開発のLCOS(反射型液晶)パネルを搭載することで、透過型液晶パネルに見られる画面上に映る網目のような格子感を抑えた、滑らかな高画質映像を投写することができます。

ビジネスプロジェクターの市場動向

2013年のビジネスプロジェクターの市場規模は、世界市場で約730万台、国内市場で約19万台でした。2014年においても、世界市場で約740万台、国内市場でも約20万台とほぼ横ばいを予想しています。(キヤノン調べ)

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90071
戻る
このページのトップへ