ニュースリリース
2014年9月24日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

エントリーモデルのラインアップを一新
小型・軽量で耐久性に優れたDLP®方式のプロジェクター4機種を発売


キヤノンは、パワープロジェクターシリーズの新製品として、DLP®※1方式を採用し、小型・軽量で耐久性に優れたポータブルタイプの2機種“LV-WX300”“LV-X300”と、短焦点タイプの2機種“LV-WX300ST”“LV-X300ST”を、2014年9月29日より順次発売します。

発売情報

LV-WX300/LV-X300

価格
オープン価格
発売日
2014年9月29日

LV-WX300ST/LV-X300ST

価格
オープン価格
発売日
2014年12月上旬

おもな特長

新製品は、いずれも3,000lm(ルーメン)の明るさで、小型・軽量の本体により、会議室や教育現場などで手軽に持ち運び設置することができます。利用するシーンに応じて、ポータブルタイプ/短焦点タイプからそれぞれ解像度の異なるモデルを選択することが可能です。

小型・軽量仕様により手軽に持ち運びが可能

高耐久でありながらシンプルな設計を可能にするDLP®方式を採用することにより、小型化と約2.8kg以下という軽量化を実現しています。特に短焦点モデルは、100型映像の投写を行うために投写面から必要な距離が“LV-WX300ST”では1.05m、“LV-X300ST”では1.23mと短いため、会議室や教育現場などの限られたスペースでの使用が可能です。

優れた耐久性能

高耐久のデジタルミラーデバイスを使用したDLP®方式を採用しています。また、エアフィルターが不要であることや、約6,000時間※2の使用が可能なランプを搭載することで、メンテナンス負荷を軽減します。

DLP®方式の6色カラーホイールにより高画質映像を投写

ランプから発する光の色を切り換えるカラーホイールに、R・G・Bの3原色にC(シアン)とY(イエロー)を追加し、白を含めた6色カラーホイールを採用しています。これにより、中間色の彩度を上げることが可能となり、高画質な映像投写を実現します。

ビジネスプロジェクターの市場動向

2013年のビジネスプロジェクターの市場規模は、世界市場で約730万台、国内市場で約18.5万台でした。2014年も、世界市場で約740万台、国内市場でも約18.5万台とほぼ横ばいを予想しています。さまざまな解像度やアスペクト比がある中で、市場では画面のワイド化が進み、アスペクト比16:10のWXGA(1,280×800画素)の比率が急速に拡大することが予測されています。一方で、低価格なアスペクト比4:3のXGA(1,024×768画素)も継続的な需要が見込まれています。また、明るさは3,000lmクラスを有する製品の市場が数量、金額ともに成長しており、今後プロジェクター市場の中心になっていきます。短焦点モデルの市場についても、教育/ビジネスユースを中心に拡大傾向にあります。(キヤノン調べ)キヤノンはこうした市場動向を捉え、プロジェクターの新製品4機種を発売します。

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90071
戻る
このページのトップへ