ニュースリリース
2014年10月2日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

HDビデオカメラ “iVIS mini X”を発売
自由な撮影スタイルで高画質・高音質の本格的な映像表現が可能


キヤノンは、自由な撮影スタイルで高画質・高音質の本格的な映像を楽しむことのできるHDビデオカメラ“iVIS mini X”を、2014年10月16日(木)より発売します。

発売情報

iVIS mini X

価格
オープン価格
発売日
2014年10月16日(木)

おもな特長

“iVIS mini X”は、「iVIS mini」(2013年9月発売)の後継機種で、趣味を楽しむ自分の姿や、家族・仲間と一緒に過ごす様子を、自由なスタイルで撮影できるHDビデオカメラです。従来機種同様の高画質を継承しながら、大口径のマイクと高容量バッテリーの搭載により、さらなる高音質・長時間撮影を実現しています。さらに、Wi-Fi機能※1により、撮影した映像をスマートフォンなどのモバイル端末経由で、SNSや動画投稿サイトなどにアップロードすることが可能です※2

自由な撮影スタイルを可能にする基本仕様

対角約170度(静止画撮影時、MP4動画撮影時は対角約160度)のワイドアングルレンズを搭載し、至近距離からでも幅広く撮影できるとともに、遠近感が強調されたダイナミックな映像表現が可能です。加えて、多様な撮影アングルに対応するバリアングル液晶モニターと、最大で約60度まで自立する内蔵スタンドの採用により、さまざまな撮影スタイルを楽しむことができます。

妥協のない高画質とさらなる高音質を実現

約1,280万画素の高感度CMOSセンサーと、高性能な映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 4」の連携による「HS SYSTEM」を採用し、高解像感・低ノイズでの映像記録を実現しています。さらに、新たに搭載した大口径ステレオマイクロホンにより、低音から高音までノイズの少ない臨場感のある音声記録が可能です。また、非圧縮のリニアPCM記録※3に対応し、原音に忠実な音を記録できるほか、オーディオ調整に便利な機能を充実させ、ユーザーの音への高いニーズに応えます。

新型バッテリーの搭載やWi-Fi対応により撮影用途を拡大

新型バッテリーを採用し、約2時間40分※4の連続撮影を実現しているため、音楽ライブやインタビューなどさまざまな場面で長時間の撮影が可能です。さらに、Wi-Fi機能により、SNSなどへ録画映像をアップロードできるだけでなく、インターネット経由で外出先でもスマートフォンなどから映像のライブ視聴※5が可能です。

商品紹介ページ

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。パーソナル向けショールーム

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90003
戻る
このページのトップへ