ニュースリリース
2014年12月22日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンの再生複合機がユーザーのCO2排出削減に貢献
経済産業省の推進するカーボン・オフセット制度を活用


キヤノンは、経済産業省の推進する「カーボンフットプリント(CFP)※1を活用したカーボン・オフセット制度※2」を利用し、キヤノンがオフセットしたCO2排出量をユーザーが自己排出分の削減量として利用できる仕組みを複合機で初めて導入します。

カーボン・オフセットの構成イメージ

おもな特長

再生複合機の導入によりユーザーのCO2削減に貢献

今回の対象製品は環境配慮型の再生複合機「Refreshedシリーズ」です。キヤノンではこの「Refreshedシリーズ」全機種を製品ライフサイクル全体でカーボン・オフセットしています。地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)により国にCO2排出量の報告義務を持つ企業または地方公共団体は、この「Refreshedシリーズ」を導入することで、想定される製品使用時のCO2排出量に相当するCO2を自己排出分のCO2削減量として国に報告できるようになります。
製品使用時のCO2排出量はオフセット総量の5~8割を占めており、今回の仕組みを利用することで、ユーザーは自社の環境活動として積極的に推進できるようになります。

製品ライフサイクル全体でのCO2削減への取り組み

キヤノンは、小型・軽量化、省エネ技術の開発、生産設備の稼働効率化、モーダルシフトや輸送効率向上など、製品ライフサイクル全体でのCO2削減に取り組んできました。また、2014年2月には、CFPを活用したカーボン・オフセット制度を「Refreshedシリーズ」に業界で先駆けて導入し、どんぐり認証を取得しました。この取り組みが評価され、今年12月には第4回カーボン・オフセット大賞※3において経済産業大臣賞を受賞しています。
今後も既存の販売チャネルを活用して複合機「Refreshedシリーズ」を環境配慮製品として積極的に提案し、2017年までに2014年比で40%増の販売台数を目指します。

環境関連情報

戻る
このページのトップへ