ニュースリリース
2014年12月4日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

6,000lmの高輝度とフルHDを超える高解像度を両立
LCOS(エルコス)プロジェクターの最上位モデル“WUX6000”を発売


キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、最上位モデルのLCOSプロジェクター“WUX6000”を2014年12月5日に発売します。

WUX6000
※標準ズームレンズ(別売)装着時

発売情報

WUX6000

価格
オープン価格
  • 投写レンズは、プロジェクター本体とは別売です。
発売日
2014年12月5日

おもな特長

新製品は、6,000lmの明るさとWUXGA(1,920×1,200画素)の高解像度を両立し、投写画面上に映る網目のような格子感が目立たないLCOSパネルを採用しています。大会議室や教育現場に加え、デジタルサイネージ(電子看板)やプロジェクションマッピングなど、さまざまなシーンに適したプロジェクターです。

高輝度・高解像度を両立した高画質な映像を投写

新製品は6,000lmの明るさで、WUXGA(1,920×1,200画素)の解像度に対応しています。さらに、LCOSパネルを搭載することで、画面上に映る網目のような格子感を抑えた、滑らかな高画質映像を投写することができます。

投写レンズの豊富なラインアップにより柔軟な設置が可能

短焦点から超長焦点まで幅広く網羅する交換式の投写レンズ(別売)を5本用意しているため、ユーザーのニーズに合わせて柔軟にプロジェクターを設置することができます。また、キヤノンが培ってきた光学技術により、投写レンズの種類やズームにより発生する輝度の低下を抑えて投写することが可能です。

ズームやフォーカス位置などの情報を3パターン登録可能な「レンズポジション」

電動で駆動するズームやフォーカスの位置に加え、画面の歪みを補正するキーストーンや、レンズシフト、アスペクト比などの情報を3パターンまで登録することが可能な、「レンズポジション」機能を新たに搭載しています。これにより、奥の壁と手前のスクリーンなど、距離や高さが異なる場所に投写する場合でも、リモコン操作で簡単に登録内容を呼び出すことができます。

ビジネスプロジェクターの市場動向

2013年のビジネスプロジェクターの市場規模は、世界市場で約730万台、国内市場で約19万台でした。2014年においても、世界市場で約740万台、国内市場でも約20万台とほぼ横ばいを予想しています。今後は接続機器の高解像化に伴い、WUXGAクラスの解像度の製品や、室内を暗くしなくても鮮明な映像を投写することが可能な高輝度製品の需要拡大が期待されています。(キヤノン調べ)

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90071
戻る
このページのトップへ