ニュースリリース
2015年5月19日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

投写画面上の操作や書き込みが可能なインタラクティブ機能を搭載
“LV-WX300USTi”など超短焦点プロジェクター2機種を発売


キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、超短焦点プロジェクター“LV-WX300UST”と“LV-WX300USTi”を、2015年5月25日より順次発売します。

LV-WX300USTi

発売情報

パワープロジェクター LV-WX300UST

価格
オープン価格
発売日
2015年5月25日

パワープロジェクター LV-WX300USTi

価格
オープン価格
発売日
2015年6月上旬

おもな特長

新製品は、いずれも至近距離から大画面投写が可能な超短焦点プロジェクターです。“LV-WX300USTi”は、付属の電子ペンを利用して投写画面上の操作や書き込みが可能なインタラクティブ機能を装備し、「パワープロジェクター」シリーズのラインアップを拡充することで、教育現場やビジネスシーンなどの幅広いニーズに対応します。

短い設置距離で大画面投写が可能

投写面まで約28cmの短い設置距離で80型の大画面を投写することができるため、学校の教室やオフィスのミーティングスペースなど、十分な投写距離の確保が難しい狭いスペースでも利用することができます。

投写画面上の操作や書き込みが可能なインタラクティブ機能

“LV-WX300USTi”は、付属のソフトウエアをインストールしたPCとの接続により、付属の電子ペンを利用して、投写画面上の操作や書き込みが可能なインタラクティブ機能を搭載しています。書き込んだ内容はPCに保存でき、次回起動時に前回の投写画面に続けて書き込みができるため、効果的な授業や会議の運営をサポートします。また、書き込みの位置を最適化するキャリブレーション作業が自動でできるため、書き込み準備に手間がかからず、簡単に利用できます。

専用オプションにより指先での書き込みが可能

“LV-WX300USTi”は、専用オプションの「フィンガータッチモジュール」(別売)を利用すると、電子ペンを使わずに指先で直感的に書き込むことができます。

ビジネスプロジェクターの市場動向

2014年のビジネスプロジェクターの市場規模は、世界市場で約760万台、国内市場で約18.5万台でした。2015年においては、世界市場で約760万台、国内市場でも約19万台と予想しています。(キヤノン調べ)
国内においては、文部科学省が推進する教育ICT推進制度により、学校におけるICT機器の整備が進むことから、教育市場の拡大が見込まれています。キヤノンはこのような市場動向を捉え、インタラクティブ機能を備えた超短焦点プロジェクターを発売し、市場の拡大に寄与します。

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90071
戻る
このページのトップへ