ニュースリリース
2015年10月22日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

さまざまな医療画像を統合的に管理・共有
クラウドソリューション“統合医療画像管理システム”を提供開始


キヤノンは、さまざまな医療画像を患者情報と関連付けて統合的に管理・共有できるクラウドソリューション“統合医療画像管理システム”を開発し、医療施設を中心に2016年3月上旬より提供を開始します。

“統合医療画像管理システム” 利用画面の一例

サービス情報

統合医療画像管理システム(Healthcare Information Platform)

サービス
利用料
データ容量に応じた利用料
(参考)
サービス
開始日
2016年3月上旬

おもな特長

新製品は、医療画像を患者情報と関連付けて統合的に管理するクラウド型のシステムで、主に3つの機能があります。画像俯瞰(ふかん)機能はX線やCTなどの医療画像に加えて、デジタルカメラの静止画、動画、さまざまな文書を患者ごとに管理・閲覧できる機能です。また、帳票スキャン機能と画像取り込み機能により、医療帳票およびデジタルカメラやスマートフォンなどの画像を、簡単にクラウドサーバーへ送信できます。クリニックや一般病院、在宅医療に関わる医療従事者の利用を想定しています。
キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下、キヤノンMJ)が展開する医用画像クラウドサービス「Medical Image Place」と連携し、新たなサービスを提供します。

さまざまな医療画像の統合表示が可能な画像俯瞰機能

X線やCT、MRIなどの医療画像だけでなく、デジタルカメラで撮影した静止画や動画、帳票などさまざまな画像を、画像ポータル内で患者ごとに統合的に管理・閲覧できます。ウェブブラウザー上で動作するためさまざまな端末から利用できるほか、画像種別と時系列のマトリクス表示により、医療従事者が患者の治療経過を素早く確認し、医療画像の管理と閲覧を効率的に行えます。また、連携施設の画像も表示できるため、地域連携医療への活用も想定しています。

文字認識技術による医療帳票の簡単登録を実現する帳票スキャン機能

非定形医療帳票をスキャナーで読み取ると、患者情報(患者ID、診療科、帳票種別)を自動的に認識し、病院内の患者情報と関連付けてクラウドサーバーへアップロードします。 院内外を問わず、患者のIDや診療科、帳票種別を元にした検索やファイリングが可能になります。

デジタルカメラ・スマートフォンの画像を自動アップロードする画像取り込み機能

院内外で撮影したデジタルカメラやスマートフォンなどの画像を、病院内のデータベースと連携し、患者ごとに瞬時に登録して安全に管理できます。インターネット環境さえあれば、ポータル画面を通じてどこからでも画像を参照できるため、在宅医療や介護などの現場での活用が可能となります。

統合医療画像管理システムの市場動向と今後の展開

国内では、X線診断装置やCT、MRIなどの医療画像診断装置が多くの病院やクリニックに導入されており、現在20,000台程度の装置が稼働しています。近年の診断装置の高度化とともに、医療画像のデータ量は増えており、医療従事者の画像管理に関わる負荷が高まっています。
また、在宅医療の拡大により、病院外におけるデジタルカメラ画像、スマートフォン画像の利用シーンも増えており、これらを統合的に管理するシステムが望まれています。
キヤノンは、“統合医療画像管理システム”を通じて、医療従事者の画像管理に関わる業務負荷の低減と、医療機関が運用に関わるコスト削減に貢献していきます。また、クラウドを活用したシステムにより、在宅医療など病院外と病院やクリニックなどとの画像連携、グループ病院間や中核病院とクリニック間の画像連携を促進していきます。今後は、このシステムをプラットフォームとして、画像処理・解析機能を強化し、医療画像の管理業務や画像診断に関わる業務を支援する新たなサービスを付加していく予定です。

この件に関するお問い合せ先

キヤノン株式会社 医療機器事業開発推進プロジェクト

電話番号
03-3757-7585(直通)
戻る
このページのトップへ