ニュースリリース
2015年11月9日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

ラインアップの拡充により幅広いニーズに対応
耐久性に優れたDLP®※1方式のプロジェクター7機種を発売


キヤノンは、パワープロジェクターシリーズの新製品として、高輝度モデル“LX-MU500”をはじめとする7機種を2015年11月下旬より順次発売します。高輝度モデルからポータブルモデルまでラインアップを拡充し、ユーザーの幅広いニーズに応えます。

LX-MU500/LX-MW500

発売情報

LX-MU500/LX-MW500

価格
オープン価格
発売日
2016年1月下旬

LX-MU700

価格
オープン価格
発売日
2015年11月下旬

LV-WX320/LV-X320

価格
オープン価格
発売日
2015年11月下旬

LV-WX310ST/LV-X310ST

価格
オープン価格
発売日
2015年11月下旬

おもな特長

“LX-MU500/LX-MW500”は、5,000lmの高輝度な投写が可能なほか、HDBaseTTM規格やMHL®※2規格に対応したHDMIなど豊富なインターフェースを備え、幅広い用途に活用できます。

5,000lmの高輝度と優れた耐久性を実現

“LX-MU500”はフルHDを超えるWUXGA(1,920×1,200画素)、“LX-MW500”はWXGA(1,280×800画素)に対応し、いずれも5,000lmの高輝度な投写が可能です。デジタルマイクロミラーデバイスを使用したDLP®方式を採用し、経年劣化によるパネルの焼き付きや色あせが少なく、優れた耐久性を実現しています。また、レンズを本体の中心に配置したセンターレンズ機構を採用し、天井からつり下げて設置する際など、設置位置を容易に決めることができます。

HDBaseTTMやMHL®に対応し、幅広い利用環境に対応

HDBaseTTM規格に対応し、LANケーブル接続※3で離れた場所に設置したプロジェクターに映像や音声を伝送できるため、長距離の配線工事が容易にできます。また、MHL®規格に対応し、スマートフォン(スマホ)やタブレットからPCを介さずに、直接映像の投写や画面操作ができる「スマホダイレクト投写」を実現することで、手軽に利用でき、幅広い用途に活用できます。

6色カラーホイールにより色彩豊かな映像を投写

ランプから発する光の色を切り換えるカラーホイールは、一般的な4色カラーホイール(R・G・B・W)に、C(シアン)とY(イエロー)を追加した6色カラーホイールを採用することで、中間色の彩度を高め、より豊かな色彩で高画質な映像を投写することができます。

ビジネスプロジェクターの市場動向

2014年のビジネスプロジェクターの市場規模は、世界市場で約760万台、国内市場で約18.5万台でした。2015年においては、世界市場で約760万台、国内市場で約19万台と予想しています。今後は接続機器の高解像化に伴い、WUXGAクラスの高解像度製品や、室内を暗くしなくても鮮明な映像を投写できる高輝度モデルが市場拡大に寄与すると予想しています。(キヤノン調べ)

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90071
戻る
このページのトップへ