ニュースリリース
2016年1月12日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

世界最小・最軽量を実現した4Kプロジェクター“4K500ST”を発売


キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、5,000lm(ルーメン)の明るさで4Kデジタルシネマ(4,096×2,160画素)を上回る4,096×2,400画素の解像度に対応した“4K500ST”を2016年4月中旬より発売します。

パワープロジェクター 4K500ST

発売情報

パワープロジェクター 4K500ST

価格
オープン価格
発売日
2016年4月中旬

おもな特長

新製品は、5,000lmの高輝度な4Kプロジェクターで、世界最小・最軽量を実現しています。美術館や博物館、シミュレーションやデザイン現場、大会議室やイベント会場での利用のほか、店舗や企業におけるデジタルサイネージやプロジェクションマッピングへの活用など、幅広い用途に対応します。

臨場感のある高精細な4K映像を投写

4K解像度に対応した短焦点ズームレンズを新たに開発し、4,096×2,400画素の高解像度LCOS(エルコス)パネルと自社開発の高性能映像エンジンを搭載することで、臨場感のある高精細な4K映像投写を実現しています。高速画像処理技術により、毎秒60フレームの4K動画を投写できる上、最適なアップスケーリング処理を図ることで、フルHD映像を高画質な4K映像として投写できます。

5,000lmの高輝度な4Kプロジェクターで世界最小・最軽量を実現

独自の光学システム「AISYS(エイシス)」により、光源からの光を縦方向と横方向に独立して制御し、明るさの向上と小型化を図ることで、5,000lmの高輝度と、世界最小サイズの約470(幅)×533.5(奥行)×175(高さ)mm、世界最軽量の約17.6kgを実現しています。

鮮明な高精細4K映像投写を可能にする優れた光学性能

新開発の短焦点ズームレンズは、大口径非球面レンズやUDガラスなど特殊光学材料を採用し、優れた光学性能により、最周辺部まで鮮明に、高精細な4K映像投写を実現しています。被写界深度の深いレンズの搭載により、ピントの合う範囲が広く、凹凸のある壁やスクリーンの四隅まで鮮明に投写できます。従来にない臨場感のある映像表現を可能にするレンズ開口部には、キヤノンのレンズ交換式カメラ用交換レンズ「EFレンズ」の中でも最高水準の性能を追求した「Lレンズ」に象徴される赤いラインが施されています。

ビジネスプロジェクターの市場動向

2015年のビジネスプロジェクターの市場規模は、世界市場で約700万台、国内市場で約18.5万台と見込んでいます。2016年においては、世界市場で約736万台、国内市場で約19万台と予想しています。今後は、4K対応機器の導入が進み、さらなる映像の高画質化と高精細化に伴い、4K高解像度製品や新しい映像表現の提案が、市場の拡大に寄与すると考えています。(キヤノン調べ)

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90071
戻る
このページのトップへ