ニュースリリース
2016年3月7日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

遠距離からの夜間監視でもカラー撮影が可能な“VB-M50B”など
ネットワークカメラ6機種を発売


キヤノンは、遠距離の被写体を、肉眼では認識しにくい夜間でもカラーで鮮明に捉える“VB-M50B”や、光源のない暗闇でも20m先まで白黒撮影が可能な“VB-H652LVE”など、ネットワークカメラ6機種と、ネットワークカメラを最大512台まで一元管理できるネットワークビデオレコーディングソフトウエア“RM v4.2シリーズ※1”を3月下旬より順次発売します。

発売情報

VB-M50B

価格
オープン価格
発売日
2016年4月上旬

VB-H652LVE

価格
28万8,000円
発売日
2016年7月下旬

VB-R13VE

価格
66万円
発売日
2016年6月下旬

VB-R12VE

価格
63万円
発売日
2016年6月下旬

VB-R13

価格
56万円
発売日
2016年6月下旬

VB-H651V

価格
19万8,000円
発売日
2016年3月下旬

おもな特長

“VB-M50B”は、集光効率に優れた大口径の望遠ズームレンズを搭載しており、日中のみならず夜間でのカラー撮影を可能にし、大規模店舗の駐車場監視や、河川や港湾の自然災害の監視など、遠方監視に適しています※2。“VB-H652LVE”は、赤外照明を搭載しており、0ルクスという光源がない倉庫や工場のような場所や、建物の軒下など屋内外での使用に適しています。

遠距離からの夜間監視でもカラー撮影が可能(“VB-M50B”)

集光効率に優れた焦点距離126mm~630mm※3の大口径光学5倍ズームレンズを搭載し、特に望遠端の最低被写体照度は0.07ルクスという優れた低照度性能を達成しています。肉眼の認識が困難な低照度環境でも100m先の人物をカラーで認識できるなど、夜間の遠方監視においても威力を発揮します。

赤外照明を搭載し屋外の暗闇でも撮影可能(“VB-H652LVE”)

赤外照明を搭載し、0ルクスという光源がない場所でも最長20m先まで白黒撮影が可能です。また、-40℃~+55℃の過酷な環境下で撮影可能なことに加え、耐衝撃性能※4や防じん・防水構造※5を備えています。さらに、水平画角122.1°の広角レンズを搭載し、広い空間を見渡した撮影ができます。

ネットワークカメラの市場動向

2015年のネットワークカメラの市場は、全世界的な防犯意識の高まりやアナログCCTVカメラからの買い替えが進んだことなどにより、世界市場で約5,964億円※1(対前年比約28%増※2)、国内市場で約284億円※1(対前年比約10%増※2)と市場規模が拡大したとみられます。
2016年も引き続き拡大基調を維持し、世界市場で約7,664億円※1(対前年比約31%増※2)、国内市場で約318億円※1(対前年比約14%増※2)と予想しています。(出典:テクノ・システム・リサーチ社「2014年版ネットワークカメラ市場のマーケティング分析」)

商品紹介ページ

関連情報

第24回セキュリティ・安全管理総合展「SECURITY SHOW 2016」に出展詳細へ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90074
戻る
このページのトップへ