ニュースリリース
2016年7月12日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンで初めてレーザー光源を採用したプロジェクター
シリーズ最高輝度の“LX-MU800Z”など2機種を発売


キヤノンは、パワープロジェクターシリーズの新製品として、初めてレーザー光源を採用したDLP®※1方式のプロジェクター“LX-MU800Z / LX-MU600Z”を2016年7月21日より発売します。高輝度モデルの拡充によりラインアップを強化し、幅広いニーズに対応します。

LX-MU800Z / LX-MU600Z

発売情報

パワープロジェクター LX-MU800Z

価格
オープン価格
発売日
2016年7月21日

パワープロジェクター LX-MU600Z

価格
オープン価格
発売日
2016年7月21日

おもな特長

“LX-MU800Z / LX-MU600Z”は、いずれもレーザー光源を採用し、高輝度で高画質な映像を投写できます。ランプ光源では構造上難しいプロジェクターの縦置き※2が可能なため、縦長の映像をそのまま投写でき、ポスターなどの縦長コンテンツのデジタル化に便利です。大会議室や展示会場、教育現場での利用の他、デジタルサイネージや美術館・博物館での映像投写など、幅広い用途に活用できます。

高輝度と優れた色再現性を実現

新製品はいずれもフルHDを超えるWUXGA(1,920×1,200画素)に対応し、“LX-MU800Z”はパワープロジェクターシリーズで最高輝度の8,000lm、“LX-MU600Z”は6,800lmの高輝度な映像投写が可能です。また、青色レーザーダイオードと蛍光体を組み合わせた光源システムにより、色域が拡大し、優れた色再現性を実現しています。レーザー光源を使用しているため、会議や授業の途中に突然光源が切れるリスクが低く、高い信頼性を確保しています。

約2万時間※3の光源寿命によりメンテナンス負荷を大幅に軽減

レーザー光源は、ランプ光源と比べて光源寿命が長く、約2万時間光源を交換することなく映像投写が可能です。さらに、光学部品を密閉構造にすることで、エアフィルターが不要となり、部品交換にかかるメンテナンス負荷を軽減しています。天井など高所への長期間の設置や、長時間連続で映像を投写するデジタルサイネージへの活用など、多様な設置環境や幅広い用途に対応します。

ビジネスプロジェクターの市場動向

2015年のビジネスプロジェクターの市場規模は、世界市場で約700万台、国内市場で約21万台でした。2016年においては、世界市場で約736万台、国内市場で約21.5万台と予想しています。今後は、企業や教育現場における利用に加え、商業施設や文化施設での活用、プロジェクションマッピングやデジタルサイネージなどの幅広い用途への活用が、市場拡大に寄与すると予想しています。(キヤノン調べ)

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90071
戻る
このページのトップへ