ニュースリリース
2018年2月20日
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

「健康経営銘柄2018」・「健康経営優良法人2018」に選定


キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、経済産業省と東京証券取引所が共同で実施する「健康経営銘柄」に初めて選定されました。また、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人」にキヤノンMJは2年連続で、キヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森晶久)は初めて、それぞれ選定されました。


「健康経営銘柄」は、東京証券取引所の上場企業の中から、従業員の健康管理を経営的な視点から考え戦略的に取り組んでいる企業を評価し、1業種につき1社を選定するものです。キヤノンMJは、「経営理念」「組織体制」「制度・施策実行」「評価・改善」の全項目で高評価を得ました。
「健康経営優良法人」は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰するものです。

健康経営銘柄2018表彰式

キヤノンMJの健康管理に対する取り組み

キヤノンMJは、CSR活動方針の中で「健康で安全に働ける職場環境づくりの推進」を宣言し、健康課題である「がん」「生活習慣病」「メンタルヘルス」に対する戦略的な取り組みを行っています。「各種健康診断の実施とフォローアップ」、「安全配慮の徹底」、「自己健康管理力向上の推進と健康風土の醸成」を柱に取り組んでいます。

2010年より「健康管理3ヵ年計画」に基づき、生活習慣改善の啓発活動を行っています。2016年からは、健康保険組合と協同で健康増進をサポートする情報配信ツールを導入し、個人および職場単位で健康意識向上と生活習慣改善および継続を推進しています。生活習慣改善に取り組む従業員の割合は5年前と比較し2倍以上に増加するなど、着実に成果を上げてきています。
また、定期健康診断後の個別のフォロー体制も確立しており、受診が必要な従業員の受診率は2014年以降毎年100%を達成しているほか、全社的にがん検診の受診促進に取り組むなど、健康を重視する企業風土が定着しています。

今後に向けて

健康経営銘柄と健康経営優良法人の認定を受け、キヤノンMJでは初心に立ち返り「健康管理3ヵ年計画」に基づき、今後よりいっそうの、安全配慮の徹底、自己健康管理力向上の推進と健康風土の醸成に取り組んでいきます。生き生きと健康な社員と会社を支える健康経営の実現に向け推進していきます。

関連情報

戻る
このページのトップへ