ニュースリリース
2018年3月5日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

映像内の動体をシルエット表示するソフトウエアを発売
人物のプライバシーに配慮しながら映像の活用が可能


キヤノンは、マイルストーンシステムズ社のビデオ管理ソフトウエア「XProtect®」に組み込むアプリケーションとして、映像内の動体をシルエット表示できるソフトウエア“Moving Object Mask for Milestone XProtect Version 1.0”を4月9日に発売します。

発売情報

Moving Object Mask for Milestone XProtect Version 1.0

価格
オープン価格
発売日
4月9日

おもな特長

キヤノンは、ネットワークカメラの映像に付加価値を持たせることで、セキュリティや顧客サービス、マーケティングなどの分野に活用できる「映像解析ソフトウエア」の商品化を進めています。新製品は、個人が特定できないように映像内の動く人物などをシルエット表示するソフトウエアです。映像には個人を特定できる情報が含まれることが多いため、シルエット表示によりプライバシーに配慮することで、映像活用のシーンが広がります。

プライバシーに配慮しながら映像活用が可能

レストランや会議室など共有スペースのネットワークカメラ映像に映る人物をシルエット表示することで、プライバシーに配慮しながら空席状況や混み具合などをモニタリングできます※1。また、シルエット表示した駅やバス・タクシー乗り場の映像を配信することで、利用者が事前に混雑状況や行列待ちの長さなどを確認できます。これらの情報は、迂回ルートの選択や利用時間帯の検討など行動判断の一助となり、顧客サービスの強化につながります。

用途に合わせてシルエット表示エリアの指定が可能

シルエット表示する領域を映像内から複数指定することができます。たとえば、美術館や博物館などでは、立ち入り禁止エリア以外をシルエット表示領域として指定し、来館者のプライバシーに配慮しながら特定エリアのモニタリングができます。また、工場においては作業者のみをシルエット表示することで、プライバシーに配慮しながら生産・物流エリアなどのモニタリングが可能になります。

人数をカウントする際にもプライバシーへの配慮が可能

「People Counter for Milestone XProtect Version 1.2」(別売り)と同時に使用することで、映像内を移動する人物をシルエット表示しながら、人数カウントや人の流れを確認することができます※2

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 NVSイメージングソリューション企画課

電話番号
03-6719-9280
戻る
このページのトップへ