ニュースリリース
2018年7月31日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

光学40倍ズームレンズを搭載した“PowerShot SX740 HS”を発売
コンパクトデジタルカメラで初めて映像エンジンDIGIC 8を搭載


キヤノンは、新映像エンジンDIGIC 8を搭載したコンパクトデジタルカメラ“PowerShot SX740 HS”を8月30日より発売します。

PowerShot SX740 HS(シルバー/ブラック)

発売情報

PowerShot SX740 HS (シルバー/ブラック)

価格
オープン価格
発売日
2018年8月30日

おもな特長

“PowerShot SX740 HS”は、薄型・軽量・高倍率モデルである「PowerShot SX730 HS」(2017年5月発売)の後継機種です。新映像エンジンDIGIC 8を搭載し、4K※1動画の撮影が可能になるなど基本性能が向上しています。広角から望遠までの幅広いズーム領域を持ち、自分撮りに便利な機能を搭載しているため、旅行先などに気軽に携行し、さまざまなシーンに合った撮影が可能です。

光学40倍ズームレンズにより高倍率・高画質な撮影が可能

奥行約39.9mm、質量約299gの薄型・軽量ボディーに、広角24mmから望遠960mm相当※2の光学40倍ズームレンズとカメラ部有効画素数最大約2030万画素※3のCMOSセンサーを搭載しており、幅広い撮影領域で高画質な撮影が可能です。また、デジタルズームを進化させた「プログレッシブファインズーム」機能により、解像感を維持したまま約1920mm相当※2の望遠撮影ができます。

コンパクトデジタルカメラで初めて映像エンジンDIGIC 8を搭載

新映像エンジンDIGIC 8の搭載により、AF・AE(自動露出制御)連動で最高約7.4コマ/秒、AF・AE固定で最高約10.0コマ/秒の高速連写が可能です。また、高精細な4K動画/4Kタイムラプス動画※4の撮影ができ、4K動画から高い解像感を維持したまま静止画を切り出すことも可能です。

約180°チルト式液晶モニターと撮影後の楽しみを広げる多彩な機能を搭載

上方向に約180°回転するチルト式液晶モニターに加え、美肌効果や明るさ、背景ぼかしを設定できる「自分撮りモード」など便利な撮影機能を搭載しています。また、Wi-Fi / Bluetooth®※5に対応し、事前設定したスマートフォンやタブレット端末へ撮影と同時に画像を自動送信することが可能です※6

コンパクトデジタルカメラの市場動向

2017年の世界市場規模は約1,350万台でした。2018年は約1,000万台を見込んでいます。(キヤノン調べ)

商品紹介動画

商品紹介ページ

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。パーソナル向けショールーム

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90005
戻る
このページのトップへ