ニュースリリース
2018年9月5日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

ミラーレスカメラ用「EF-M」レンズシリーズのラインアップを拡充
EF-Mレンズ初の大口径単焦点レンズ“EF-M32mm F1.4 STM”を発売


キヤノンは、ミラーレスカメラ「EOS M」シリーズ専用の交換レンズである「EF-M」レンズの新製品として、大口径単焦点レンズ“EF-M32mm F1.4 STM”を9月21日より発売します。

EF-M32mm F1.4 STM

発売情報

EF-M32mm F1.4 STM

価格
7万2,000円(税別)
発売日
2018年9月21日

おもな特長

新製品“EF-M32mm F1.4 STM”は、プロ向けの「L(Luxury)レンズ」に迫る高画質※1を実現した小型・軽量設計の大口径単焦点レンズです。EOS Mシリーズ用交換レンズに、描写力の優れた大口径単焦点レンズを新たに加え、EF-Mレンズのラインアップを拡充することにより、小型・軽量の「EOS M」シリーズユーザーの写真表現の領域を広げ、撮影のさらなる楽しみを提供します。

Lレンズに迫る高解像・高コントラストな描写性能を実現

高精度ガラスモールド非球面レンズ1枚を含む8群14枚からなるレンズ構成により、画面中心から周辺部まで、Lレンズに迫る高解像・高コントラストな描写性能を実現しています。優れた描写性能と人間の視野に近い約51mm相当※2の標準画角と遠近感を生かし、ボケ味を生かしたポートレートやスナップ撮影など、さまざまなシーンで使用できます。

F1.4の明るい開放絞り値の大口径単焦点レンズながら小型・軽量

EF-Mレンズとして最も明るいF1.4の大口径を実現し、大きなボケ味を楽しむことはもちろん、夜間や屋内などの暗いシーンでもシャッター速度を速めて、ブレを抑えた高画質な撮影が可能です。また、EOS Mシリーズならではのバックフォーカス※3が短いという特長を生かした全長56.5mm、質量約235gの小型・軽量設計により、気軽に持ち歩き、撮影を楽しむことができます。

快適な撮影を実現する各種仕様

最大撮影倍率0.25倍、最短撮影距離0.23mを実現し、被写体をクローズアップした撮影が可能です。また、マウント部に金属部材を採用し、高品位でスタイリッシュなデザインを実現しています。

商品紹介ページ

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。パーソナル向けショールーム

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90002
戻る
このページのトップへ