ニュースリリース
2018年9月5日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

大幅な軽量化を実現したプロ向けの大口径超望遠レンズ2機種を発売


キヤノンは、レンズ交換式カメラEOSシリーズ用交換レンズとして、大口径超望遠レンズ“EF400mm F2.8L IS III USM”および“EF600mm F4L IS III USM”を12月下旬より順次発売します。

発売情報

EF400mm F2.8L IS III USM

価格
168万円(税別)
発売日
2018年12月下旬

EF600mm F4L IS III USM

価格
182万円(税別)
発売日
2018年12月下旬

おもな特長

新製品“EF400mm F2.8L IS III USM”、“EF600mm F4L IS III USM”はそれぞれ、プロフォトグラファーから高い評価を得ている「EF400mm F2.8L IS II USM」(2011年3月発売)、「EF600mm F4L IS II USM」(2012年6月発売)の後継機種です。大幅な軽量化と高画質を両立し、機動性・操作性に優れた高性能な「L(Luxury)レンズ」として、スポーツ、報道、風景などのプロの撮影ニーズに応えます。

大幅な軽量化を実現

光学系を全面的に刷新するとともに、フォーカスリングの電子化に伴い、メカ構造を一新しています。これにより、定評のある従来機種同等の高画質を実現しながら、質量をそれぞれ従来機種と比べて、“EF400mm F2.8L IS III USM”は約1,010g(25%以上)、“EF600mm F4L IS III USM”は約870g(20%以上)の大幅な軽量化を達成しています※1

「Lレンズ」シリーズに相応しい高画質と高い信頼性

蛍石レンズ2枚、スーパーUD※2レンズ1枚を採用することで色収差を良好に補正し、高解像・高コントラストを実現しています。また、キヤノン独自の特殊コーティング「ASC(Air Sphere Coating)」を新規に採用し、画質劣化の原因となるフレア・ゴーストを抑制しています。また、太陽光に含まれる赤外線を反射させることでレンズの温度上昇を抑制する新たな遮熱塗料の採用をはじめ、防じん・防滴構造※3など、最高水準の性能を追求した超望遠単焦点の「Lレンズ」にふさわしい優れた基本性能を備えています。

快適な撮影をもたらす利便性の向上

シャッター速度換算で5段分※4の手ブレ補正効果に加え、ユーザーの好みに合わせてマニュアルフォーカスの速度を3段階から選択できる機能や、事前設定した2点までの任意の位置に速やかにピントを合わせることができる機能などを搭載しており、撮影時の利便性を向上しています。

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90002
戻る
このページのトップへ