ニュースリリース
2018年9月21日
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

スクリーン上にカーソルを表示させる
レーザーレスの次世代プレゼンテーションツールを発売


キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、液晶モニターやスクリーン上にカーソルを表示させてポインティングするプレゼンター“PR1-HY”と“PR3”を10 月19日に発売します。

発売情報

PR1-HY

価格
オープン価格
発売予定日
2018年10月19日

PR3

価格
オープン価格
発売予定日
2018年10月19日

おもな特長

新製品“PR1-HY”と“PR3” は、レーザー光ではなくカーソルをスクリーン上に表示させることができる新しいプレゼンテーションツールです。これまでのレーザーポインターでは光が吸収されて見づらかった液晶モニターでも、ポインティング箇所が見やすいほか、複数のスクリーンに投影する場合や遠隔地とのテレビ会議などでもポインティング箇所をすべての画面に表示させることが可能です。
カーソルは形状・大きさ・色を変更でき、さらに写真やイラストなどの画像を使ったオリジナルアイコンを作成して使うことができます。細かな図表やクローズアップしたい部分を拡大させる機能を搭載しており、オリジナリティーのあるプレゼンテーションが可能です。

上位機種の“PR1-HY” は、カーソルによるプレゼンター機能に加え、グリーンレーザー光によるレーザー機能を搭載したハイブリッドモデルで、スイッチ一つでモードを切り替えることができます。
レーザー光の出力方式には緑色レーザーダイオードを直接発光させる「ダイレクトグリーン」を採用しています。 赤外線レーザーダイオードを緑色に変換する方式に比べレーザー出力の安定性が高く消費電力が少なく済むため、実使用環境において約35時間の連続使用が可能です。

“PR3”は、軽量・スリムなボディーにプレゼンター機能を搭載したスタンダードモデルです。リチウムイオン充電池を採用し、1分間の充電で約3時間分の高速充電が可能です。

レーザーポインターの国内市場動向

2018年のレーザーポインター市場は、メーカー出庫ベースで約32万台、約21億円規模と予測しています。(キヤノンMJ調べ)

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90025
戻る
このページのトップへ