ニュースリリース
2018年9月5日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

“RFレンズ”について


キヤノンは、新開発のマウント「RFマウント」を採用する「EOS Rシステム」の核となる“RFレンズ”を市場に投入します。第一弾として、“RFレンズ”ならではの特長を備えた4機種を2018年10月下旬より順次発売します。

発売情報

RF24-105mm F4 L IS USM

価格
15万5,000円(税別)
発売日
2018年10月下旬

RF50mm F1.2 L USM

価格
32万5,000円(税別)
発売日
2018年10月下旬

RF28-70mm F2 L USM

価格
42万円(税別)
発売日
2018年12月下旬

RF35mm F1.8 MACRO IS STM

価格
7万5,000円(税別)
発売日
2018年12月下旬

おもな特長

大口径・ショートバックフォーカスによる「高画質、ハイスペック、コンパクト」

“RFレンズ”は、EFマウントと同じ内径54mmという大きなマウント径と、ミラーレスカメラならではのショートバックフォーカスというRFマウントの特長を生かすことで、従来のEFレンズに比べてレンズ設計の自由度を飛躍的に高めています。「高画質、ハイスペック、コンパクト」といった可能性を広げ、これまで製品化できなかった魅力あふれる交換レンズを提供します。

快適な操作を実現する「コントロールリング」

フォーカスリング、ズームリングに加え、露出補正や絞り数値の設定などを任意に割り当てて使うことができるコントロールリングを新たに搭載しています。電子ビューファインダー(EVF)で撮影後のイメージを確認しながら、各種電子ダイヤルと合わせてコントロールリングを操作することで、より直感的で快適な操作が可能です。

商品紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90002
戻る
このページのトップへ