ニュースリリース
2018年9月3日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

オフィス向け複合機を機能拡張して働き方改革を支援
クラウド型MFP機能拡張プラットフォームを本格展開


キヤノンは、オフィス向け複合機※1の機能を拡張するクラウド型MFP機能拡張プラットフォーム※2を本格展開します。これに合わせ、本プラットフォームで新たに機能を提供する新サービスとして、“uniFLOW Online Basic Scanningパック/Advanced Scanningパック”を本日より発売します。

プラットフォーム
(イメージ図)

おもな特長

働き方改革の推進とIoTやクラウドといったインフラの普及により、クラウドサービスを活用する企業が年々増えています。こうした中、キヤノンはオフィス向け複合機(以下、MFP)を対象としたクラウド型MFP機能拡張プラットフォームを本格展開します。セキュリティーを確保しながら、複数のMFPやクラウドサービスを本プラットフォーム上で統合し、MFPの機能拡張が可能となります。これにより、テレワークや在宅勤務、外出先での業務を想定したモバイル環境対応、スキャン業務の効率化、管理業務の負荷軽減など、オフィス業務を強力にサポートします。今後も新たな機能を提供していくことで、最小限の投資で業務効率化を進めたい中小企業から大企業まで、多様化する業務に柔軟に対応していきます。

クラウド上でMFPの機能を拡張できるプラットフォーム

機能をMFPに組み込むのではなく、クラウド上で拡張できるプラットフォームです。例えば、モバイル端末からの印刷や、スキャン文書にOCR(光学文字認識)や傾き補正などを行う画像処理およびMicrosoft Officeフォーマットへの変換処理、さらに複数のMFP利用状況を一括管理できる機能などを付加できます。

外部クラウドサービスと接続するクラウドコネクター機能

外部クラウドサービスとMFPを連携させる機能です。例えば、パソコンを使用することなく、MFPからの操作だけで、スキャンした文書を外部ストレージや、経費処理など特定業務に特化した外部サービスへ送ることができます。接続できるサービスは今後も拡張予定です。

なお、オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE Gen3 2nd Edition」(2018年1月発売)は本プラットフォームへの接続機能を標準装備しており、本体設置時、専用ボタンを使って簡単に機能を有効にできます。

クラウド型MFP機能拡張プラットフォームが提供するサービス

クラウド型MFP機能拡張プラットフォームが提供するクラウドサービス「uniFLOW Online Express / Online」のサービス詳細は、下記をご参照ください。

商品名 uniFLOW Online Express※1※2 uniFLOW Online Basic Printingパック※2 uniFLOW Online Basic Scanningパック※2 uniFLOW Online Advanced Scanningパック※2
価格(税別) 無償
(本体標準装備)
有償 1,755円
(月額/10ユーザー)※3
有償 1,050円
(月額/10ユーザー)※3
有償 1,950円
(月額/10ユーザー)※3
プラットフォーム機能 基本機能 個人認証
ジョブ管理レポート
自分へメール送信
スキャンtoクラウド
拡張機能 MFPセキュアプリント
MFPゲストプリント
MFPモバイルプリント
- - -
スキャンtoクラウド - -
OCR(光学文字認識)
画像補正機能
フォーマット変換
- - -
クラウドコネクター機能 基本機能 Google Drive
拡張機能 Dropbox
Evernote
box
SharePoint
One Drive
- -
Concur -
(2018年4Q(10~12月)より対応予定)
発売時期 2018年5月 2018年5月 2018年9月3日 2018年9月3日

クラウドを基盤としたサービスの市場動向

平成29年総務省調査によると、従業員が100人以上の国内企業2570社において、クラウドサービスを利用している企業は2017年に56.9%となり、2010年の14.1%から大きく増加しています。その利用料も年々低価格化が進み、市場の拡大を後押ししています。昨今のこうした動向から、クラウドを基盤としたサービス市場は今後も成長を維持すると見込んでいます。(キヤノン調べ)

紹介ページ

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90056
戻る
このページのトップへ