オフィス向け複合機imageRUNNER ADVANCE C356F III特長

imageRUNNER ADVANCE C356F III

imageRUNNER ADVANCE第3世代(Gen3) 共通の特長

Gen3共通機能

オフィスにおけるドキュメントワークの中心を担う複合機だからこそ、大切なのは一人ひとりに合せた使いやすさを提供すること。imageRUNNER ADVANCE第3世代にはお客さまの声をもとに磨き上げた機能を、幅広いラインアップに共通搭載しています。

操作ステップの短縮を実現した新UI「ホーム」

新UI「ホーム」

日常的によく使う定型業務のショートカットとして、「マイボタン」(自分専用のボタン)や「共有ボタン」(ユーザー間で共有するボタン)を「ホーム」画面上に配置することで、ワンタッチでジョブを実行することが可能です。また、“コピー”や“スキャンして送信”など、各ファンクションで実行したジョブを「タイムライン」に時系列で表示。「タイムライン」をタッチすることで同じ設定をすばやく呼び出せ、一度実行したジョブを簡単に再実行できます。操作の手間を軽減し、業務の効率を向上させます。

発注タイミングを適正化する「消耗品の残日数表示」

消耗品の残日数表示

トナーや回収トナーの状況に応じて、あとどのくらいの期間使えるか、残日数をパネルに表示。消耗品を適正なタイミングで発注し、交換することができます。急なトナー切れなどによる業務のダウンタイムを軽減し、安心感を高めます。

設置場所や出力ニーズに合せて選べる「給紙オプション」

オプションの給紙カセットを装着し、2段もしくは、4段の多段給紙に対応。異なる用紙・サイズを同時にセットでき、用紙補給の手間を軽減します。出力ニーズに合せて給紙構成を選択でき、最大で2,680枚給紙を実現します。

給紙オプション

スムーズな用紙補給ができる「引き込みアシスト付きのカセット」

引き込みアシスト付きのカセット

自動引き込みアシストの付いた新機構カセットを採用。用紙交換時のカセット開閉がスムーズに行えます。

FAXを2回線使用できる「G3回線増設キット」

G3回線増設キット

オプションの「G3回線増設キット(2回線)・AT1」を装着することで、2回線を使用してFAXの送受信が可能になります。2つの部署のFAX回線を、1台の複合機で利用できます。

管理負荷を低減する「通信管理レポートの電子化」

送信/受信やボックスへの保管の履歴情報である通信管理レポートをプリントするだけでなく、CSVファイルに電子化してパソコンで管理し、手軽に編集・加工することができます。管理負荷を低減し、スムーズな履歴確認により問い合せなどにも迅速に対応。また、プリントする際には最大2000件までを指定して一括出力が可能です。紙で保管する際の手間も軽減します。

通信管理レポートの電子化

お客さまの管理業務を支援するオンラインサポートサービス「NETEYE」

NETEYEマーク

ネットアイは、インターネットを利用して、imageRUNNER ADVANCEを遠隔モニタリングするサービスです。カウンターの自動検針、エラーや紙づまり、トナー残量などの情報を、ネットアイセンターやサービス実施店に自動通知します。またモニタリングサービスにお申し込みいただく事で、障害発生時の復旧サポートのご提供と複合機から簡単な操作で修理依頼が可能です。

  • 別途お申し込みが必要です(無料)。
管理業務を支援するオンラインサポートサービス

よくあるご質問を検索

imageRUNNER ADVANCE C356F IIIに関して、よく寄せられるご質問と回答はこちらです。

機能対応一覧

imageRUNNER ADVANCE各シリーズに搭載されている機能を一覧表で確認できます。iR-ADV C356F IIIに搭載されている機能が一目でわかります。

このページのトップへ