iR-ADV C3700シリーズ | 特長 imageRUNNER ADVANCE DX C3730F/3720F

コンパクトな「新操作パネル」

10.1inch、フルフラットのタッチパネルを採用。ソフトキーへのタッチのみで操作が完結するハードキーレス設計と、本体右側に配置したICカードリーダー部※1により、最短の視線移動と手の動線を実現します。操作パネル前面のLEDは発光面積を拡大し、離れた場所からでも見やすく、近くでは眩しさを抑えた設計です。また、従来と同様な操作感を提供するハードテンキーもオプションで用意しています。

  • ※1
    ICカード認証を使用する場合は、オプションのICカードリーダーライターが必要です。
画像:操作パネル

高品位なスキャンを実現する「防汚コートガラス」&「スジ補正」

原稿読み取りガラス表面に、糊や修正液、インクなどが付着しにくい防汚処理を施したコートガラスを採用。ゴミの付着を抑制します。さらに、独自の千鳥配列イメージセンサーと画像処理技術により、ゴミによるスジを高精度に検知し細かく補正。高品位なスキャン画像を得るとともに、再スキャンの手間を減らしてユーザーストレスを低減します。

図:千鳥配列イメージセンサー

スムーズな用紙補給ができる「引き込みアシスト付きのカセット」

給紙カセットに自動引き込みアシスト機構を採用。用紙交換時のカセット開閉がスムーズに行えます。

引き込みアシスト付きのカセット

多彩な成果物を可能にするコンパクトな「中綴じフィニッシャー」※1

オプションの「中綴じフィニッシャー・AA1」は、コーナー/2ヵ所綴じ、中綴じに加え、針なしとじ、マニュアルステイプルにも対応。また、内蔵型の「2/4穴パンチャーユニット・A1」を装着することでパンチ機能を拡張することも可能です。さらに、性能強化のみならず幅537mmと大幅なコンパクト化を実現し、さまざまな仕上げ機能を省スペースで提供します。

  • ※1
    オプションが必要です。
写真:フィニッシャー操作
図:中綴じフィニッシャー・AA1の幅

業務活用の幅を広げる「モバイル連携」

モバイル機器に「Canon PRINT Business」※1をインストールし、複合機とダイレクト接続してデータ出力、スキャンデータの取り込みが行えます。Bluetooth LE※2により、近くの複合機を検索して簡単に接続可能です。また、NFC※2により、モバイル機器を複合機にタッチして印刷できます。留め置き文書の印刷指示や、モバイル機器のEメールアドレスを使った宛先送信にも対応。モバイル機器の業務活用の幅を広げます。

  • ※1
    App Store、Google playから無償でダウンロードできます。 App Store、Google playへ接続する際の通信料はお客さまのご負担となります。
  • ※2
    オプションが必要です。
イメージ:モバイル連携

履歴確認に便利な「ファクス送信画像の自動保存」と「通信管理レポートの電子化」

送信済のファクスデータを画像化し、送信日時や送信元情報などを付与して本体HDDや外部サーバーへ自動保存します。また通信管理レポートは、プリントはもちろん、CSVファイルとして電子化してPCで管理、編集・加工が可能です。履歴確認もスムーズに行えます。

図:ファクス・レポートの電子化

お客さまの管理業務を支援するオンラインサポートサービス「NETEYE」※1

インターネットを利用して、imageRUNNER ADVANCEのカウンター検針、エラーや紙づまり、トナー残量などの情報を遠隔監視。また、別途お申し込みにより、障害発生時の復旧サポートや、複合機からの簡単操作による修理依頼にも対応します。

  • ※1
    別途お申し込みが必要です(無料)。
図:サポートイメージ