操作性

操作性

画面も操作も、一人ひとりに合わせて。

少ないステップで、直感的に操作できる新タッチパネルで、
各自が使いやすいように画面表示や設定をカスタマイズ。
一人ひとりの業務効率を確実にアップさせます。

新UI「ホーム」

操作ステップの短縮を実現した新UI「ホーム」

機能紹介動画再生(新UI「ホーム」)

日常的によく使う定型業務のショートカットとして、「マイボタン」(自分専用のボタン)や「共有ボタン」(ユーザー間で共有するボタン)を「ホーム」画面上に配置することで、ワンタッチでジョブを実行することが可能です。また、“コピー”や“スキャンして送信”など、各ファンクションで実行したジョブを「タイムライン」に時系列で表示。「タイムライン」をタッチすることで同じ設定をすばやく呼び出せ、一度実行したジョブを簡単に再実行できます。操作の手間を軽減し、業務の効率を向上させます。

搭載機種 : 
imageRUNNER ADVANCE Gen3
(3rd Edition全機種)
10.1インチタッチパネル

ワイド画面で軽快なフリック操作もできる「10.1インチタッチパネル」

機能紹介動画再生(操作パネル編)

10.1インチにワイド化、フルフラット化した新操作パネルを採用し、スマートフォンのような軽くて快適な操作感を実現。フリックやピンチイン・ピンチアウトにも対応しています。
また3rd Editionでは、操作パネルの「長押し操作」にも対応。ボタンの登録配置を簡単に行えるなど、設定の効率化につながります。

搭載機種 : 
imageRUNNER ADVANCE Gen3 全機種
(3rd Edition/2nd Edition含む)
(「長押し操作」は3rd Editionのみ対応)
パーソナライズ機能

業務効率を高め、
管理者の負荷も軽減する
「パーソナライズ機能」

機能紹介動画再生(パーソナライズ編)

初期画面や表示言語を自分用にカスタマイズし、各自が使いやすいように個別の設定を登録、さらに、自分専用または所属グループのアドレス帳を表示することができます。例えば、初期画面を、コピーをよく取る人はコピー画面に、大量にスキャンする人はスキャン画面に、英語圏の人は英語表示に。一人ひとりのワークフローに柔軟に対応し、業務効率を高め、生産性の向上に貢献します。さらに、パーソナライズした設定を、同一ネットワーク内の一台をサーバーとして、他のiR-ADV Gen3に同期することも可能です。業務効率のさらなる向上とともに移動コストを削減し、管理者の負荷も軽減します。

搭載機種 : 
imageRUNNER ADVANCE Gen3 全機種
(3rd Edition/2nd Edition含む)
留め置き印刷

放置プリントを抑止する「留め置き印刷」

印刷データを本体内に留め置き、ログイン時に画面に表示。部数やステイプルなどの設定を、印刷前に確認・変更することができます。印刷完了までの時間も、文書情報や設定に基づいて予測可能。放置プリントを抑止するとともに、ミスプリントによる無駄なコストを削減します。また、複数ページを並べて表示し、仕上がりを事前に確認できるプレビュー表示も充実。フリック操作でなめらかなページ送りが行えます。

搭載機種 : 
imageRUNNER ADVANCE Gen3 全機種
(3rd Edition/2nd Edition含む)

[本体パネルで変更可能な印刷設定]

  • 試し印刷
  • 再印刷
  • 部数変更
  • カラーモード変更
  • 片面/両面変更
  • ページ集約変更
  • ステイプル
  • パンチ
  • ページ範囲指定
  • 製本設定 など
  • 排紙オプションが必要な場合があります。
シンプルログイン

自分のアイコンを選択するだけでログインできる「シンプルログイン」

オプションの装着がいらない、低コストかつ手軽なログインシステムです。自分のアイコンを選択してタッチするだけで、効率よく作業をスタートさせることができます。

搭載機種 : 
imageRUNNER ADVANCE Gen3 全機種
(3rd Edition/2nd Edition含む)
このページのトップへ