iR-ADV 4700シリーズ | 特長 imageRUNNER ADVANCE DX 4745F/4735F/4725F

コンパクトな「新操作パネル」

10.1inch、フルフラットのタッチパネルを採用。ソフトキーへのタッチのみで操作が完結するハードキーレス設計と、本体右側に配置したICカードリーダー部※1により、最短の視線移動と手の動線を実現します。操作パネル前面のLEDは発光面積を拡大し、離れた場所からでも見やすく、近くでは眩しさを抑えた設計です。また、従来と同様な操作感を提供するハードテンキーもオプションで用意しています。

  • ※1
    ICカード認証を使用する場合は、オプションのICカードリーダーライターが必要です。
画像:操作パネル

高品位なスキャンを実現する「防汚コートガラス」&「スジ補正」

原稿読み取りガラス表面に、糊や修正液、インクなどが付着しにくい防汚処理を施したコートガラスを採用。ゴミの付着を抑制します。さらに、独自の千鳥配列イメージセンサーと画像処理技術により、ゴミによるスジを高精度に検知し細かく補正。高品位なスキャン画像を得るとともに、再スキャンの手間を減らしてユーザーストレスを低減します。

図:千鳥配列イメージセンサー

自然でなめらかな階調性のある表現ができる「モノクロ高画質」

文字・図形・写真のすべてに、自然な階調特性を発揮。モノクロでありながら、画像の濃淡や明暗までもなめらかに表現できます。

モノクロ高画質

最大2,850枚の給紙が可能な「大容量カセットペディスタル」

A4の大量出力に適した「大容量カセットペディスタル・B1」をラインアップ。カセットの左右に縦置きして、最大2,850枚(64g/m²)を収納できます。

  • 本オプションを利用する場合、A3/B4/A4R/B5Rなどの横置きサイズは、本体標準の2段目カセットもしくは手差しを利用する必要があります。製本印刷時は、A3サイズを2段目カセット、A4Rを手差しにセットする必要があります。
大容量カセットペディスタル

コンパクト設計で省スペースな「フィニッシャー」※1

フィニッシャー機内に複数あった用紙経路を共通化することで、装置の小型化を実現。フィニッシャー幅637mm※2のコンパクト設計です。フィニッシャーに搭載するパンチャーユニットも小型化・内蔵化し、システムとしてコンパクトに。効率のよいフィニッシングとオフィススペースの有効活用を両立します。

  • ※1
    オプションです。
  • ※2
    「ステイプルフィニッシャー・Y1」、「中綴じフィニッシャー・Y1」の場合。補助トレイを伸ばしたサイズ。
図:コンパクトフィニッシャー

履歴確認に便利な「ファクス送信画像の自動保存」と「通信管理レポートの電子化」

送信済のファクスデータを画像化し、送信日時や送信元情報などを付与して本体HDDや外部サーバーへ自動保存します。また通信管理レポートは、プリントはもちろん、CSVファイルとして電子化してPCで管理、編集・加工が可能です。履歴確認もスムーズに行えます。

図:ファクス・レポートの電子化

お客さまの管理業務を支援するオンラインサポートサービス「NETEYE」※1

インターネットを利用して、imageRUNNER ADVANCEのカウンター検針、エラーや紙づまり、トナー残量などの情報を遠隔監視。また、別途お申し込みにより、障害発生時の復旧サポートや、複合機からの簡単操作による修理依頼にも対応します。

  • ※1
    別途お申し込みが必要です(無料)。
図:サポートイメージ