iR-ADV 6700シリーズ | 機能拡張 imageRUNNER ADVANCE DX 6780/6765

柔軟な機能拡張により、セキュアで効率的なドキュメント環境を構築

本体に標準装備の機能のほか、uniFLOW OnlineやMEAPアプリケーションを使用することで、個人認証管理の実現や、セキュアな入出力環境/クラウド環境の構築が行えます。

(1)シンプルログイン(無償)

本体の操作パネルから、自分のアイコンをタッチするだけで、手軽にログインできる個人認証管理システムです。

シンプルログイン

(2)強制留め置き印刷(無償)

PCから文書を印刷する時に、プリントジョブを本機内に留め置いて、ユーザーが操作パネルからログインしてジョブを実行するまで印刷されないように設定できます。

強制留め置き印刷

(3)uniFLOW Online(有償/無償)

簡単かつセキュアに複合機とクラウドサービスの接続を可能にし、Scan to Cloud、どこでも印刷、外部クラウドサービスへのシングルサインオンなど、多彩な機能でドキュメントワークを効率化する印刷管理ソリューションです。

  • 一部の機能のみ使用できる、無償の「uniFLOW Online Express」もあります。
uniFLOW Online

アドバンスドスキャン

定型フォーマットの文書から文字列を読み取り、あらかじめ設定しておいたルールに基づいて、自動的にファイル名を付与し、外部クラウドストレージのフォルダーに振り分けファイリングします。複数の帳票束を一括スキャンしてファイリングする際など、スキャン結果をPC上で確認しながら操作することも可能です。ファイリングの手間を省力化し、電子化したデータの検索も効率化します。

  • アドバンスドスキャンのファイリングの機能はuniFLOW Onlineの有償サービスです(2020年夏対応予定)。外部クラウドストレージは別途契約が必要となる場合があります。
アドバンスドスキャン

(4)ICカード認証(有償)

本体にICカードをかざすだけで手軽にユーザーがログインできるシステムを構築します。複合機に標準搭載された機能と連携して、ユーザー毎に複合機の利用制限を付与するなどユーザーの一括管理が可能です。

ICカード認証

(5)どこでも印刷(有償)

個人認証システムと連携して、自分のプリントジョブを、出力したいタイミングで、ネットワーク上のどの複合機からでも印刷することができます。プリントジョブは「アドバンスドボックス」に留め置くため、プリントサーバー不要でシステムを導入できます。

どこでも印刷