オフィス向け複合機Refreshedシリーズ iR-ADV 4245F-R特長

REFRESHED iR-ADV 4245F-R

「カーボンフットプリント※1を活用したカーボン・オフセット※2」制度により、CO2排出量ゼロを実現

どんぐりマーク iR-ADV 4245F-R

Refreshedシリーズは、キヤノン独自の再生技術により優れた部品リユース率を達成し、環境負荷の削減に貢献。また、「カーボンフットプリント※1を活用したカーボン・オフセット※2」制度を導入することで、製品ライフサイクル全体で排出されるCO2排出量をオフセットし、製品の物流やユーザーによる使用・廃棄・リサイクル処理に至る、製品ライフサイクル全体でのCO2排出量ゼロを実現しています※3

「カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット」制度により、CO2排出量ゼロを実現。

より使いやすくボタン表示を変えられる「メインメニューのカスタマイズ」

メインメニューのカスタマイズ

メインメニューは、日常の作業ニーズに合わせてボタンの表示数や表示順を変更し、カスタマイズすることも可能です。迷いやミスの少ない効率のよい操作をサポートします。

ワンタッチで操作効率を高める「カスタムメニュー」

カスタムメニュー

例えば「2in1/両面」「高圧縮PDF/OCR(文字認識)」など、よく利用する設定を組み合せて個人ごとにプリセット。ワンタッチ操作で目的のジョブを実行することができます。

サーバーレスでファイル共有環境を構築できる「アドバンスドボックス」

本体のハードディスク領域「アドバンスドボックス」で、SMBまたはWebDAVプロトコルによるファイル共有を実現。サーバーを導入することなく、パソコンや同一ネットワーク上のiR-ADVでファイルを共有できます。また、タッチパネルでファイルの画像の確認も行えます。

アドバンスドボックス

設定や管理の手間を軽減する「リモートUI」&「リモートオペレーション」

「リモートUI」により、各種プリント機能の設定や、「アドバンスドボックス」の管理などをデスク上のパソコンから一元的にマネジメントできます。また、「リモートオペレーション」機能で、パソコンに本体と同様のユーザーインターフェースを表示し本体を遠隔操作することも可能。本体操作の問い合せに離れた場所から対応するなど、速やかな管理・運用を支援します。

「リモートUI」&「リモートオペレーション」

不正コピーによる情報漏えいを抑止する「地紋コピー」

原稿の下地に地紋を付けてコピーできる「地紋コピー」機能を標準装備。二次的にコピーすると地紋が浮き上がるので、不正コピー抑止に効果的です。

地紋コピー

ジョブデータの機密性を高める「残存データ自動消去」

コピーやプリントなどを行う際にHDD内に生成される原稿のデジタルデータをジョブ終了と同時に上書き消去します。また、HDD内部データの不正アクセスを防ぐ、HDDロック機能を搭載しています。

揺れによる複合機の移動を抑止する「地震対策キット」

地震に伴う複合機の転倒・移動・落下による身体への危害や、避難路への障害を抑止・軽減するためのキットです。固定せずに設置できるキャスター抑止タイプとフロア固定タイプがあります。

地震対策キット/キャスター抑止タイプの説明

オフィス向け複合機 Refreshedシリーズ Special Siteはこちら

Refreshedシリーズ Special Site

Refreshedシリーズ(再生品)のスタンダード「Rモデル」と、リユース率をより高めて環境配慮に磨きをかけた「RGモデル」の特長や魅力をご紹介します。

このページのトップへ