オフィス向け複合機Refreshedシリーズ iR-ADV C5255F-R/C5240F-R概要

imageRUNNER ADVANCE C5255F-R/C5240F-R

オフィス向け複合機 Refreshedシリーズ Special Siteはこちら

Refreshedシリーズ Special Site

Refreshedシリーズ(再生モデル)の特長や魅力をさまざまな観点からご紹介します。

基本情報

価格

iR-ADV C5255F-R
オープン価格
iR-ADV C5240F-R
オープン価格
  • 写真はiR-ADV C5255F-Rに、オプションの「2段カセットペディスタル・AD2R」を装着したものです。

連続複写速度(A4ヨコ)

iR-ADV C5255F-R
カラー51枚/分、モノクロ55枚/分
iR-ADV C5240F-R
カラー35枚/分、モノクロ40枚/分

スキャン速度(A4ヨコ)

iR-ADV C5255F-R

コピー時
片面読取
カラー51ページ/分、モノクロ75ページ/分
両面同時読取
カラー51ページ/分、モノクロ75ページ/分
スキャン時(300dpi)
片面読取
75ページ/分(カラー/モノクロ共)
両面同時読取
120ページ/分(カラー/モノクロ共)

iR-ADV C5240F-R

コピー時
片面読取
46ページ/分(カラー/モノクロ共)
両面反転読取
19.6ページ/分(カラー/モノクロ共)
スキャン時(300dpi)
片面読取
51ページ/分(カラー/モノクロ共)
両面反転読取
19.6ページ/分(カラー/モノクロ共)

ファーストコピータイム(A4ヨコ)

iR-ADV C5255F-R
カラー6.0秒、モノクロ3.9秒
iR-ADV C5240F-R
カラー8.1秒、モノクロ5.4秒

ウォームアップタイム

主電源立ち上げ時

iR-ADV C5255F-R
31秒以下(室温20度)
iR-ADV C5240F-R
31秒以下(室温20度)

スリープモードからの立ち上げ時

iR-ADV C5255F-R
18秒以下(室温20度)
iR-ADV C5240F-R
15秒以下(室温20度)

本体商品構成

  iR-ADV C5255F-R iR-ADV C5240F-R
COPY
PRINT
FAX
SCAN
SEND
ADVANCED BOX
MEAP
Network
HDD
ADF 両面同時 両面反転

特長

写真はより美しく、文字は読みやすく再現する「スクリーン処理」

(適切な代替テキスト)

写真部は「スクリーン処理」でよりなめらかに、文字部は従来機種同様にくっきりと再現する文字/写真モード。それぞれに適した処理を施すことで、写真はより美しく、文字も読みやすくコピーできます。

快適なプリントパフォーマンスを提供する「LIPS LX」、「LIPS V」

キヤノン独自のプリンティングシステム「LIPS LX」を標準装備。「LIPS LX」は、プリントデータの処理にかかる負荷をパソコンとiR-ADV C5255F-R/C5240F-Rで効率よく分散する「ロードバランシング」を採用し、高速データ処理を実現します。さらにオプションの「(e)LIPS V拡張キット・AR1」を装着することによりESC/P、N201、IBM5577、HP-GL、HP-GL2の各エミュレーションとEAN-128などのバーコードフォントを搭載し、さまざまなコンピューター環境に適応します。

カラー情報もネットワークですばやくドキュメント配信

さまざまな通信手段を利用して、複数の宛先に紙文書の一斉同報送信を可能にする「Universal Send」機能に対応。送信業務に費やす時間や手間を削減するとともに、サーバーレスで直接パソコンにデータ配信が行えたり、ボックス機能と連携して送信データの保存・活用ができたりと、効率的なネットワーク配信を実現します。

不要なプリントアウトを軽減する「ペーパーレスFAX」

アプリケーションで作成した文書をパソコンから直接ファクス送信できます。ファクス送信のためにプリントする必要がないため用紙コストを削減できるとともに、汚れやかすれのない鮮明な書類の送信が可能です。また、受信したファクスやインターネットFAXも出力せずに、任意のEメール、PCの共有フォルダーなどへ自動的に転送可能です。

「カーボンフットプリント※1を活用したカーボン・オフセット※2」制度により、CO2排出量ゼロを実現

カーボン・オフセット製品/REFRESHED

Refreshedシリーズは、キヤノン独自の再生技術により優れた部品リユース率を達成し、環境負荷の削減に貢献。また、「カーボンフットプリント※1を活用したカーボン・オフセット※2」制度を導入することで、製品ライフサイクル全体で排出されるCO2排出量をオフセットし、製品の物流やユーザーによる使用・廃棄・リサイクル処理に至る、製品ライフサイクル全体でのCO2排出量ゼロを実現しています※3

「カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット」制度により、CO2排出量ゼロを実現。
このページのトップへ