仕事にさらなる効率を、人に柔軟な働き方を。

新しいワークフローを生み出す、高速&高品位スキャン。多彩なワークスタイルに応える、データ共有&クラウド連携。一人ひとりの創造性を、オフィスに求められる生産性につなげるために、仕事の効率をさらに高め、柔軟な働き方を広げていく、imageRUNNER ADVANCE DXの登場です。

scroll
業務効率を高める
働き方を広げる
状態監視による安定稼働
モバイル連携
高速スキャン
スキャンデータ活用
業務システム連携
クラウドストレージ連携
業務クラウド連携

業務効率を高める

業務効率を高める

手間のかかる業務をシンプルにするスキャン機能や、
高速で正確なADFを搭載し、小サイズ紙の連続スキャンにも対応。
操作性や画質との相乗効果で、ワークフローをさらに効率よく。

スキャンによる
業務ソリューションを促進する
「アドバンスドスキャン」

定型フォーマットの文書から文字列を読み取り、
あらかじめ設定しておいたルールに基づいて、自動的にファイル名を付与し、
外部クラウドストレージのフォルダーに振り分けファイリング*1します。
複数の帳票束を一括スキャンしてファイリングする際など、
スキャン結果PC上で確認しながら操作することも可能です。
ファイリングの手間を省力化し、電子化したデータの検索も効率化します。

図:アドバンスドスキャン

高速性と静音性を両立、
スキャン業務の生産性を高める
「両面同時読み取りADF」*1

一度の原稿搬送で表面と裏面を同時に読み取る、両面同時読み取りADFを標準装備*1
毎分270ページ*2*3の高速読み取りを実現します。また、原稿を一度に250枚まで積載可能です。
さらに、原稿の外形から原稿の傾きを検知して補正するデジタル斜行補正機能を搭載。
高速かつ静音設計のADFで、スキャン業務の生産性を高めます。

図:両面同時読み取りADF

ADF読み取りのミスを低減する「異常搬送検知」*1 *2&「重送検知」*1

コーナーステイプルされた原稿を誤ってADF読み取りした時に、
原稿の傾き発生をセンサーが検知し搬送を停止する「異常搬送検知」機能を搭載。
原稿の紙詰まりや原稿破損のリスクを低減します。また、「重送検知」機能により、
原稿が2枚重なっていないかを、超音波センサーで高精度に判断し重送を検知。
複数原稿のコピーやスキャンのミスを低減します。

図:原稿の異常搬送を複数のセンサーで検知原稿の異常搬送を複数のセンサーで検知

小サイズ紙のスキャン業務を
効率化する
「小サイズ紙原稿対応」*1

ADFの用紙搬送ローラー、用紙検知センサーの最適配置により、
A6Rのほか不定形の小サイズ紙(はがき、領収書、小切手、名刺*2など)のADFスキャンに対応。
原稿サイズを自動で検知して、画像部分だけをきれいに切り出すことができます。
原稿種類の対応幅を広げ、スキャン業務を効率化します。

図:小サイズ紙原稿対応

高品位なスキャンを実現する「防汚コートガラス」&「スジ補正」

原稿読み取りガラス表面に、糊や修正液、インクなどが付着しにくい
防汚処理を施したコートガラスを採用。ゴミの付着を抑制します。
さらに、独自の千鳥配列イメージセンサーと画像処理技術により、
ゴミによるスジを高精度に検知し細かく補正。高品位なスキャン画像を得るとともに、
再スキャンの手間を減らしてユーザーストレスを低減します。

図: イメージセンサーとスジ補正

働き方を広げる

働き方を広げる

デスクを離れても、オフィスの外でも、スムーズな業務。
クラウド連携よる情報共有や、モバイル機器によるデータ活用を実現し、
柔軟なワークスタイルをサポート。

スムーズな情報共有を促進する「uniFLOW Online
スキャン機能」

クラウドサービスとの連携を広げる「uniFLOW Online」*1を使うことで、
スキャンした文書を各種クラウドサービス*2に直接送信することができます。
クラウド環境でスムーズな情報共有を促進し、業務効率の向上を支援します。

図:uniFLOW Online スキャン機能

外部のお客様の
印刷ニーズにも応える
「uniFLOW Online
モバイル印刷機能」

「uniFLOW Online」*1を使用すれば、登録ユーザーだけでなく、
外部のお客様の印刷ニーズにも柔軟に対応可能です。
お客様は、印刷したいデータを指定のEメールアドレスに送信。
返信メールで通知されるジョブコードを、複合機に入力するだけの簡単操作で印刷が行えます。

写真:uniFLOW Online モバイル印刷機能

業務活用の幅を広げる「モバイル連携」

モバイル機器に「Canon PRINT Business」*1をインストールし、
複合機とダイレクト接続してデータ出力、スキャンデータの取り込みが行えます。
Bluetooth LE*2により、近くの複合機を検索して簡単に接続可能です。
また、NFC*2により、モバイル機器を複合機にタッチして印刷できます。
留め置き文書の印刷指示や、モバイル機器のEメールアドレスを使った宛先送信にも対応。
モバイル機器の業務活用の幅を広げます。

写真:モバイル連携
imageRUNNER ADVANCE DX
オフィス向け複合機トップページに戻る