オンデマンドプリンターiR-ADV C9280 PRO / C9270 PRO低コスト

imageRUNNER ADVANCE C9280 PRO / C9270 PRO

片面・両面が同じ速さで電子化できる「両面1パスカラースキャン」

イメージリーダー(イメージ)

両面同時に読み込むことにより、300dpiの解像度でカラー原稿を毎分140ページ、モノクロ原稿を毎分200ページスキャンできるイメージリーダーを搭載。デジタル一眼レフカメラで培ったテクノロジーの応用により、高精度と高速スキャンを両立しています。

主電源ONですばやく使える「ウォームアップタイムの大幅短縮」&「高速起動」

「ウォームアップタイムの大幅短縮」&「高速起動」

大量出力をより効率よく、少量出力もストレスなく。高速機でありながらウォームアップタイムを31秒以下に、スリープモードからの復帰も30秒以下に短縮しました。「主電源ON時の高速起動」を設定すれば、主電源を入れてから10秒以内の画面操作も可能です

膨大な量の印刷を最速にこなす「コピー・プリントスピード、モノクロ80枚/分・カラー70枚/分

高速CPU(イメージ)

プリンター処理や操作部のスムースな表示、MEAPアプリケーション処理の速度を向上させる1.66GHzの高速CPUを搭載。また、ギガビットイーサネット対応で、データ転送時間を短縮。キヤノン独自のプリンティングシステム「LIPSLX」の採用によりデータの処理速度も高速化し、同クラスの製品としては業界最高レベルを誇るモノクロ80枚/分、カラー70枚/分の高速出力を実現しています。

用紙補充の手間を大きく低減する「大容量給紙」

エアーアシスト給紙機構(イメージ)

給紙容量は最大10,460枚(64g/㎡)。オプションのPODデッキライト・A1には、用紙の分離信頼性を高めるエアーアシスト給紙機構を採用。高速かつ安定した用紙搬送を実現しています。

急ぎの1枚もすばやくコピーできる「モノクロ4.4秒、カラー6.0秒(A4ヨコ)

EドラムやpQトナーの採用、紙搬送パスの見直しなどにより、プロセススピードが大幅アップ。フェイスアップの出力で、モノクロ4.4秒、カラー6.0秒(A4ヨコ)のファーストコピータイムを実現しました。

ダウンタイムなしでトナー交換ができる「大容量トナーボトル」

大容量トナーボトル(イメージ)

大容量セットオントナーボトルが空になると、トナーボトル交換を知らせるメッセージを表示。この時点で複合機本体内にはカラー約1,500枚分、ブラック約1,500枚分(A4、5%濃度)相当のトナーがあり、複合機本体内のトナーがなくなるまでは、プリント中もトナーボトルの交換が可能です。機械が停止している時間を最小限にして、トータルスループットを向上します。

きれいな体裁とコスト削減が両立する「中綴じ製本/集約コピー」

中綴じ製本/集約コピー(イメージ)

用紙使用量を半減し、読みやすく本格的な仕上がりに加工する中綴じ製本、最大8Pの原稿を1Pにまとめる集約コピーなど高品質とコスト削減を両立します。

紙詰まりや重送を低減する「重送検知機構」「エアアシスト給紙機構」

オプションのPODデッキライトおよび多段デッキ内に、用紙の分離信頼性を高めて高速かつ安定した搬送を実現する「エアアシスト給紙機構」を採用。また、多段デッキにはわずかな紙の隙間を超音波センサーが感知する「重送検知機構」もオプション搭載。紙詰まり処理を低減し、業務を効率化します。

このページのトップへ