オンデマンドプリンターimagePRESS 1135Ⅲユーザービリティー

imagePRESS 1135Ⅲ

スムーズな操作とプリント状況確認

10.4インチ大型カラー液晶タッチパネルを採用。明るく、見やすく、タッチパネルによる操作性の向上を実現しました。さらに、複数のコピー設定画面が同一画面上に表示される[クイック画面]で、各種設定もスムーズに。プリンターやジョブの状態をグラフィカルに表示する[システム状況画面]など、数々の機能を装備しています。

タッチパネル(クイック画面)
クイック画面
タッチパネル(システム状況画面)
システム状況画面

視認性に優れ、直感的な操作が可能となります。

大容量トナー・回収トナーは稼働中に交換可能

トナー(イメージ)
トナーボトル交換

約69,000ページを印刷できる大容量トナーボトルを採用しました。さらにトナーバッファにより、稼働中でもトナーボトルと回収トナー容器の交換が行えます。

  • A4サイズ印字率6%にて換算

トナー交換時にも中断することなく印刷を継続できます。

簡単な紙づまり処理

紙づまりが発生した場合、本体操作パネルに紙づまり発生位置の箇所をリストで処理順に表示します。紙づまり処理を行う際は、パネル上に表示されたラベル番号に合わせて、実際にラベルが貼られている箇所を操作して処理。各機器の前カバーの裏には紙づまり処理操作箇所の位置を一覧して確認できる全体マップを貼付しています。

紙づまり処理(イメージ)

紙づまり発生時に効率よく処理でき、ダウンタイムを軽減します。

自動階調補正

出力したテストパターンを読み込ませ、トナーの濃度を自動的に調整できる自動階調補正機能に[フル補正]加え、リーダーレスで自動階調補正を行うことも可能です。リーダー部を使用せずに自動階調補正[クイック補正]を実現するため、業務の効率化につながります。

安定した画像出力が可能となります。

用紙の残量確認

インジケーター

突然の用紙切れを防ぐため、紙の残量がひと目でわかるインジケーターを装備しました。また、稼働中の給紙デッキはロック表示点灯と同時に開閉ロックされ、操作ミスを防止します。

効率的な用紙補給が可能となります。

このページのトップへ