imagePRESS V1000|プリントコントローラー オンデマンドプリンター

高度なジョブ管理に対応する
「Command WorkStation」

直観的かつ操作性に優れたユーザーインターフェースがワークフローを大きく改善。サーバー一覧およびサーバーの追加・接続・切断の操作、トナーや用紙の残量の確認、ジョブリストからのリプリント、複数のキーワードによるジョブのフィルタリング、RIP済み待機ジョブのプレビューに加え、ドラッグ&ドロップでファイル(PDF/PS/EPS/TIFF)だけでなくフォルダ単位での印刷ジョブのインポートが可能です。

登録サーバー ジョブ数一覧 消耗品情報 検索・フィルタリングエリア プレビューエリア ジョブ概要 ジョブリストにEPS/PS/TIFF/PDFファイル

設定した詳細なカラー情報を出力する
「コントロールバー」

「コントロールバー」は、印刷日時やカラー設定などのジョブ情報やカラーバーなどの情報を出力紙にプリントする機能です。色味や設定状況の確認が明確に行えます。

  • Graphic Arts Pro Packageが必要です。

さらに「コントロールバービルダー」を使用すれば、コントロールバーの位置や表示する項目、カラーバーなどを自由に選択することが可能です。

プレビューを見ながら多彩な面付けが可能な
「Fiery Impose」

RIP前のジョブを面付けするソフトウェアです。「中綴じ」や「無線綴じ」、「巻き三つ折り」、「ギャングアップ」など多彩なテンプレートを利用した面付けの他、トンボやジョブ名、折りマークを追加することができます。「統合PDFファイル」として、ローカルディスクへの保存も可能です。

  • Fiery Imposeが必要です。
二本トンボ(塗足し付き)に対応

ページの入れ替えなどが可能な
「Fiery Compose」

スプールされたジョブのデータ統合や編集ができるソフトウェアです。任意ページへの表紙・章扉挿入や章ごとの用紙種類指定などができます。プレビューを見ながら操作できるため、仕上りのイメージを簡単にチェックすることができます。

  • Fiery Composeが必要です。

「スポットカラー編集」

カラーテーブルを使った簡単な操作で、特色の設定や調整を行うことができます。

Pantone+ HKS TOYO DIC

ビジュアル編集機能で高品質な仕上がりを支える「Image Enhance Visual Editor」

ページごとにシャープネスやコントラスト、明るさやRGBカラーの調整を行ったり、赤目補正などの編集が行えます。プリント前に仕上がりのイメージをシミュレーションしながら最終調整が行えるため、より正確に思いどおりの印刷が実現できます。

Image Enhance Visual Editor