オンデマンドプリンターvarioPRINT 135 シリーズ使いやすさ

varioPRINT 135シリーズ

多彩な後処理

給排紙オプションとの組み合せにより小冊子やマニュアルなどの成果物を簡単かつ大量に作成できます。インサートや折り、ホチキス止め、パンチ、中とじそして三方断裁まで、すべての後処理を1つに統合。

カラー対応両面1パススキャナー搭載

カラー対応両面1パススキャナーを搭載※。最大300枚(80g/m²紙)の原稿を搭載可能です。スキャンto FTP、スキャンto USB、スキャンtoメールが可能です。

複数のプリンターを効率的に管理

複数のプリンターを効率的に管理

ウェブブラウザー経由でのリモート管理を可能にするPRISMAsyncリモートマネージャーを搭載。離れた場所から最大5台の印刷スケジュール確認や設定変更が可能です。

  • 対応ブラウザー、バージョンは制限がございます。
  • 最大同時5ユーザーまでアクセス可能です。

最大8時間先のスケジュール管理

最大8時間先のスケジュール管理

PRISMAsyncコントローラーは、ユーザビリティーに優れた大画面のタッチパネル操作で、印刷ジョブの設定確認・変更が可能です。またジョブスケジューラー機能は、最大で8時間先までのスケジュール管理に対応しています。

状態表示灯標準装備

状態表示灯標準装備

トナー補給や給紙のタイミングや万が一のエラーを逃さず知らせる状態表示灯を搭載。離れた場所からもランプの色で稼働状態が確認できます。

DocBoxによるジョブ管理

DocBoxによるジョブ管理

オプションのDocBoxを使うと、プリンター側でジョブ管理や設定、ジョブ結合が行なえます。サムネイル表示により、画面で確認してからの印刷が可能。1人のオペレーターがプリンターでさまざまな作業を行う際に適しています。

このページのトップへ