オンデマンドプリンターvarioPRINT 140 シリーズワークフロー

varioPRINT 140シリーズ

DocBoxによるジョブ管理

DocBox機能(イメージ)

DocBox機能でプリンター側でジョブ管理や設定、ジョブ結合が行えます。サムネイル表示により、画面で確認してからの印刷が可能。1人のオペレーターがプリンターで様々な作業を行う際に適しています。

マルチキューによるダイレクトプリント

マルチキュー機能(イメージ)

マルチキュー機能で、ホットフォルダやプリントキュー経由でPDFファイルのダイレクトプリントが可能。キュー単位で印刷設定が行えるため、ジョブパターン毎の設定が行えます。
上位システムとの連携やオペレーターの分業体制を構築する場合等、様々なケースに対応できます。

ページプログラミング

ページプログラミング(イメージ)

本体の操作パネルにページ単位のプレビューを表示し、用紙の確認、ページ削除、ジョブ結合が行えます。印刷直前でも本体からの確認や変更ができます。

業界標準のワークフローに対応

Adobe PDF Print Engine 3を搭載。効率的で信頼性の高いPDFワークフローを構築します。
また、オプションのPPMLでバリアブルデータの印刷にも対応します。

このページのトップへ