Océ VarioPrint 6000 Ultraシリーズ|高品質・高生産

本商品は生産終了しております。

Océ VarioPrint 6000 Ultraシリーズ

高い生産性を誇る、超高速モノクロデジタル印刷システム

Océ VarioPrint 6000 Ultraシリーズは、高速かつ生産性の高いデジタル両面印刷システムです。Océ VarioPrint 6160 Ultra、Océ VarioPrint 6200 Ultra、Océ VarioPrint 6250 Ultra、Océ VarioPrint 6320 Ultra の4モデルで、全機種ともOcé Geminiテクノロジーを搭載しています。

高い生産性と拡張性をもち、各モデルそれぞれA4サイズで毎分170ページ( Océ VarioPrint 6160 Ultra )、200ページ( Océ VarioPrint 6200 Ultra ) 、250ページ( Océ VarioPrint 6250 Ultra ) 、そして314ページ( Océ VarioPrint 6320 Ultra )の1パス両面印刷という印刷速度を実現しました。

VarioPrint 6000 Ultra(イメージ)

Océ Geminiテクノロジーによる高品質・高生産性

VarioPrint 6000 Ultra(イメージ)

Océ VarioPrint 6000 Ultraシリーズは、Océ Geminiテクノロジーにより1パス両面印刷を可能にしました。印刷スピードを飛躍的に高めるこのテクノロジーは、1台のエンジンで、2機の転写・定着ベルトを同時に駆動するという画期的な技術です。1回の通紙(1パス)で両面同時に印刷することで、より高速かつ表裏見当精度が高い印刷を可能にしました。

大容量の給排紙で多彩なジョブパターンに対応

高パフォーマンス(イメージ)

給排紙部は、最大3台の給紙デッキで12段、13,800枚(80g/㎡紙)の給紙が可能、給紙デッキの自動切換え機能を搭載しています。大容量スタッカーは、最大3台接続時に6束18,000枚(80g/㎡紙)の排紙が可能です。印刷中も他の給紙デッキに用紙を補給したり、スタッカーから印刷済み用紙を取り除くこともできます。
給紙デッキにセットする用紙の向きが直観的に分かるペーパー・ロジック・システムの採用により、インデックス紙、印刷済み用紙など、セットする向きに注意が必要な用紙を補給する際のミスを軽減します。
また、給紙デッキは600枚×2段と1,700枚×2段(共に80g/㎡紙)で、すべて同じ範囲のサイズ・坪量に対応しており、ジョブの内容や量に合わせて給紙デッキの組み合せを柔軟に変えることが可能です。

高い信頼性

Océ VarioPrint 6000 Ultraシリーズは、1パス両面同時印刷により両面印刷時に本体内部で用紙を反転させる必要がありません。また、給紙部から排紙部まで直線的な用紙搬送経路を採用して、紙詰まりの可能性を低減、信頼性を高めています。

拡張性に優れたシステム

Océ VarioPrint 6000 Ultraシリーズは拡張性を重視して設計されています。Océ VarioPrint 6160 Ultraからスタートし、その後、一時的あるいは継続的な印刷量の増加に対応して簡単にOcé VarioPrint 6200 UltraやOcé VarioPrint 6250 Ultra、Océ VarioPrint 6320 Ultraに移行できます。加えて、モジュール構成の給排紙オプションで、お客さまの業務拡大に合わせた増強が可能です。この高い拡張性により、無駄のない投資による経営効率化を可能にします。

このページのトップへ