自由部門(準大賞)

CANON PHOTO CONTEST 第46回 キヤノンフォトコンテスト

自由部門

準大賞


空へ
平山 弘(和歌山県)


童たちの夏
生田 守(福岡県)

講評: 作者の独特の視点や狙いが見事に表現された自由部門

高橋 準大賞の『空へ』は、都市の片隅で、よく面白い瞬間を見つけました。写真を見て、まるで宇宙人が攻めてきたような印象を受けてしまいました。

長倉 亀がUFOですか(笑)。

齋藤 でも、その亀がすごくリアルに写し出されていて、確かに空を飛んでいるように見えますね。

テラウチ 飛行機も効いていますよ。

高橋 そうなんです。それも作品の面白さにつながっていると思います。

水谷 もう一つの準大賞である『童たちの夏』は、子供の楽しそうな雰囲気が、ストレートに表現されている点に惹かれました。

長倉 切り撮り方がうまいですよ。望遠レンズで前の子と後ろの子を圧縮しながら、もう少し引くと子供の表情が生きなくなってしまうギリギリのところでフレーミングできています。だから、迫力が増しています。

水谷 子供にとっては、祭りほど楽しいものはないわけで、そういう子供の感情がうまく出ています。


キヤノンフォトコンテスト

このページのトップへ