第53回キヤノンフォトコンテスト
募集部門・審査員紹介

大石芳野

写真大好きな皆さん、いつもカメラを手に歩き回りながら目をキョロキョロしておられるのではないかと思います。いいシーンを見つけたら即座に切り取って自分のものにする。うまくいったときの喜びは大きいですね。けれど、そのシャッター・チャンスは自分にとって何が目的だったのかを考えることも大事です。形が良い、光がきれい、なんとなく思白くてカッコイイ…といった理由も大事です。ただそれらは、世の中に溢れています。コンテストで上位を獲得しようとするならば、加えて何を撮るのか、何を伝えたいのかが大きな鍵になってきます。楽しい写真にも隠れた苦労があるからこそ見る人を楽しませるし、大作家にも何を伝えようとしているのかが明確だから歴史に残るのでしょう。むろん、そこまで考えなくても、結局、見る人を惹きつけるのはその写真からの強いメッセージ性ではないでしょうか。花や風景などの自然でも、人物でも、社会問題でも、その写真からいかに説得力を与えられるか。難しそうですが、よく考えてファインダーをのぞけば勝利は必ずやあなたのものになるでしょう。

GOTO AKI

フォトコンテンストだからと、過去の受賞者の作品を真似たりするのではなく、皆さん自身が、個人的に美しいと感じた瞬間や情景、発見、気づきがあるかという点を大事にして、作品を選びたいと思います。コンテスト用に構図が完璧であるとか、コントラストを強くして色彩を派手にしようなどと考えなくて大丈夫です。インパクトのある写真も、静かで一見地味な作品も等しく丁寧に拝見します。写真への愛情は、丁寧なプリント、余白の作り方にもあらわれますね。写真だからこそ見えてくる世界がそこにあるかどうか、皆さんの美意識と個性を写真を通じてみせてください。たくさんのご応募、心よりお待ちしております。

中西祐介

年に一回の大きなフォトコンテストで期待と不安の中で応募される方が多くいらっしゃると思います。そんな時は一度深呼吸をして肩の力を抜いてご応募ください。写真はとても自由な表現手段です。こうすれば正解ということはありません。皆様が感じたこと、見せたいもの、写真に込めた想いをありのまま見せてください。またコンテストは応募するまでの過程が自身を成長させるチャンスだと思います。被写体と向き合いシャッターを切る、撮影後のたくさんの写真から自身の意図を再確認しながらセレクトして、最後にすべての想いを込めてプリントする。これらのすべてが一つの線で繋がっています。一つずつのハードルを丁寧に越えていくことが目指す写真への近道になると思います。皆様のご応募を心よりお待ちしております。

野口里佳

写真はシャッターを押せば写ります。目の前にはすでに世界があるので、カメラさえあれば、いつでも写真を撮ることができます。でもだからこそ、自分にしか撮れない写真を撮ることはとても難しいです。まずは写真を撮って、そしてその写真をよく見てください。自分の写真に変なところがあったら、チャンスです。ぜひこだわりを追求し、上手な写真ではなく、自分にしか撮れないと思える写真を目指してください。見たこともない写真、新たな可能性を感じるような写真、そんな写真に出会えることを楽しみにしています。

米屋こうじ

“写真の目”ってあると思うんです。写真を趣味や仕事にしているひとは、物事の状態だったり、光の具合だったりを、日頃から独特な見方で捉えています。目にした瞬間、頭のなかでは「写真」にしているのかも知れません。その時カメラを持っていれば、その発見に対してすぐにレンズを向けるでしょう。誰もが驚くような、また心が震えるような、あなただけの“写真の目”で捉えた、斬新な作品と出会えるのを楽しみにしています。