ビジネスでプリンターはこう使う!

Case01 フラワーショップ×PIXUS MXシリーズ

写真:平野 貴士さん

(株)花門フラワーゲート代表取締役社長 平野 貴士さん

取材店舗:FLOREAL(フロレアル)丸の内店

2008年(株)花門フラワーゲート代表取締役に就任。「日本一親切なお花屋さん」をモットーに東京都内を中心とした7店舗を展開。丸の内OLに代表されるこだわりのある女性向けにワンランク上のセンスを誇るFLOREALでは、他店にはないエッジの効いたオリジナルギフトを提案している。

記録ではなく、記憶に残るサービスを提供する花屋でありたい。

写真:花とメッセージカード

弊社では3ブランドの店舗展開をしていますが、なかでもワンランク上のフラワーショップと位置付けているのが、フロレアル丸の内店です。土地柄、法人さまからのギフト需要がほとんどで、電話でオーダーをされたお客さまへのご報告用に写真を撮っていました。あるとき、思い出を形として残せれば、ブーケを受け取った方にも喜んでいただけるのではないかと思いたち、写真とメッセージが収められるオリジナルカードを作り、フォトメモリーサービスとしてご提案するようになったのです。ピクサスと出会ったことも大きく、お客さまをお待たせしない出力の速さやスタッフが丹精こめて作り上げたブーケが美しく再現されるクオリティの高さに感心。ここのマネージャーはフラワーアーティストが競う国際フローラルアート・ベルギーで3位に輝きました。自分の作品を美しくプリントできることは、他のスタッフのモチベーションアップに貢献しています。また、プティ・エコールというフラワーアレンジメント教室では、生徒さんの作品をそのカードに収めてお持ち帰りいただいています。

カラーファクスで効率よく、お客さまとイメージ確認。

写真:カラーファクスを送信

本社の営業チームが飲食店などと商談をしてきますが、先方さまからは実際のアレンジ、演出をしてくれる現場のアーティストが作るイメージを教えてもらいたいというお声を頂戴します。そんな時に活躍するのがファクス。アーティストは絵心にも恵まれているので、作品イメージをイラストにして、送らせていただきます。相手方さまの環境にもよりますが、カラーファクスで受けていただける場合は、非常に便利な機能となります。また、店舗と本社間での注文に関わるやりとりなどを含めると、1日に数十件のファクスを送受信しているので、誤ダイヤル防止やパネルがモードによって自動的に変わる操作性の良さも業務の効率化という点で助かります。

Point01:記念日の花を、美しい写真で永遠に。

写真:メッセージカード

ピクサスなら、微細なインク滴で、美しい花の細部までイキイキと再現。仕上がりもスピーディーです。キヤノン純正写真用紙を使えば、いつまでも大切にしたい写真が長持ち。

Point02:メッセージカードも、文字までキレイ。

写真:PIXUS MX883

ピクサスは2つの黒インク「W黒(ダブクロ)」搭載。染料系で写真がキレイなのはもちろん、高濃度な顔料系の黒インクで、心の込もったメッセージも、読みやすくくっきり仕上げます。水ににじみにくいのも◎。

Point03:忙しい時でもスムーズにファクス。

写真:ファクスを送信

スーパーG3規格に対応だから、高速通信が可能。ADF搭載で複数の原稿の読み取りも一度の操作でさっと手間なく行えます。よく使う送信先を登録しておけば、すぐにダイヤルできて便利です。

※ この記事はMX883(2011年3月発売)の事例です。現行機種ではMX923がMX883と同等の仕様となります。

ココが使える!4つのポイント

Other Case

スマートに活用できるから、ショップにもおすすめ。ファクス& 高性能で、多彩なビジネスニーズをサポートする多機能ビジネスモデル。

PIXUS MX928
写真:PIXUS MX923
  • 最大35枚&自動両面読み取り可能な「ADF」搭載。
  • 生産性と経済性に優れた「特大容量の文字ブラック(顔料)」。
  • かんたんキレイな「BD/DVD/CDレーベルプリント」。
  • 「前面2段カセット給紙」「自動両面プリント&コピー」。
  • 接続もかんたんな「Wi-Fi (無線LAN)&有線LAN」対応。

詳細はこちら

このページのトップへ