インクジェットプリンターPIXUS MX923ファクス

PIXUS MX923 ファクス&ADF搭載、多機能ビジネスモデル。

高速電送可能なスーパーG3規格対応の
普通紙ファクス

カラー出力対応の普通紙ファクスを搭載。高速電送に対応しているので、通信時間の短縮はもちろん、 大量通信や遠距離通信の多いビジネスにおいては、通信コストの削減にも効果的です。

電話機との接続

ご利用の電話機をピクサスに接続してお使いいただけます。

一度に複数枚を送信できるADF

最大35枚の普通紙A4原稿がセットできるADF(自動原稿送り機能)を搭載しているので、複数枚の文書をまとめて送信できます。

  • A4/レターサイズの普通紙のみ対応。ファクス送信時は、自動両面読み取りはご使用になれません。

ファクス誤送信防止の機能

1.相手先のファクス番号を二度入力し、一致しない場合は送信を中止する「ファクス番号確認入力」機能と、
2.相手先の端末番号がダイヤルした番号と一致しない場合に送信を中止する「送信先ファクス情報確認」機能に対応しています。

迷惑ファクス受信防止の機能

発信元情報が不明なファクス、短縮ダイヤルに登録されていない番号、通信拒否番号に登録されている番号に対して、ファクスの受信を拒否することができます。

ファクスデータの外部メモリーへの自動保存&印刷

ファクスを大量に受信する際にも対応。受信時に自動的に外部のUSBフラッシュメモリーに保存が可能です。さらに、保存したデータを液晶画面で確認し、直接印刷することができます。大容量のUSBフラッシュメモリーを使用すれば、最大2,000件まで保存できます(但し、メモリー容量の範囲内にかぎります)。また、保存したファクスデータは、パソコンで管理・閲覧することも可能です。

パソコンからのユーザー情報の登録・変更

ピクサス本体に保存される、ユーザー情報(ユーザー名/電話番号)、短縮ダイヤル、グループダイヤルや着信拒否番号などの登録・変更作業をパソコン上でかんたんに行えます。パソコン上で管理ができるので、効率よく使いこなせます。

用紙やインク切れの際に便利なメモリー代行受信

用紙やインクが切れてしまった場合は、内蔵メモリーが自動的に代行受信します(デフォルト)。受信した原稿の リスト一覧印刷や指定した原稿だけの印刷も行えます。また、送信頻度の高い相手先を短縮ダイヤルで登録可能です。

このページのトップへ