インクジェットプリンターEasy-PhotoPrint Pro ガイド好みの色調整

Easy-PhotoPrint Pro ガイド EOS DIGITALで撮った写真を、簡単にプリントしたいあなたへ。

Adobe Photoshop CS/Elements/Lightroomが連携するメリット

イメージ通りの再現性

Adobe Photoshop CS/CS2/CS3/CS4/CS5※1/CS6※1、Elements 6/7/8※1/9※1/10※1(Macは6/8※1/9※1)、Adobe Photoshop Lightroom 2.7/3※1/4※1からプリントするとき、プリント・レイアウトやカラーマネージメントの設定が複雑でめんどう…。そこでプラグイン起動する「Easy-PhotoPrint Pro」の出番です。レタッチした画像を反映したプリントはもちろん、カラーマネージメントの一致も簡単に実現することができます。

快適なプリントワーク

プラグイン起動する「Easy-PhotoPrint Pro」との連携により、レタッチした画像を、ワンクリックでの直接転送。

撮影からPhotoshop CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS6、Elements6/7/8/9/10、Lightroom2.7/3/4を介してプリントアウトまでのワークフロー 撮影データ:RAWの場合 現像:Digital Photo Professional レタッチ:Adobe Photoshop Easy PhotoPrint Pro プリント、撮影データ:JPEGの場合 レタッチ:Adobe Photoshop Easy PhotoPrint Pro プリント

自分が修正した画像をイメージ通りに再現

RAW画像をPhotoshopに直接転送する

「Digital Photo Professional」からAdobe Photoshop CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS6、Elements 6/7/8/9/10(Macは6/8/9)、Lightroom 2.7/3/4へ、RAW画像をそのまま受け渡すことができます。レタッチしたい画像を選択し、「ツール」メニューから(1)「Photoshopへ転送」をクリックするだけで自動転送される手軽さです。

画像をレタッチする

Photoshop上で画像を開き、顔のよごれやゴミをとったり、部分的な色調整を施したり、さらに背景をボカしたり、画像全体にシャープネスをかけたりして、画像修正を加えます。

レタッチした画像を「Easy-PhotoPrint Pro」に直接転送する

レタッチが終了した画像データは、「Easy-PhotoPrint Pro」へ直接転送できます。「ファイル」から(2)「自動処理」→「Easy-PhotoPrint Pro」の順でクリックするだけでプリントワークに進めます。また、最大400枚の画像を一括転送し、表示することも可能です。もちろん、Adobe Photoshop CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS6、Elements 6/7/8/9/10(Macは6/8/9)、Lightroom 2.7/3/4がRGB形式でサポートしているPSD/EPSなどのファイルフォーマットにも対応しています。

カラーマネージメントを一致させる

(3)「Easy-PhotoPrint Pro」の「色調整」をクリックし、カラーモードから(4)「ICCプロファイルを使う」を選んでください。それだけでカラーマネージメントを一致させることができます。

レイアウトを決め、印刷ボタンを押す

最後に用紙やレイアウト、プリント枚数などを選択し、(5)「印刷」ボタンを押すだけで、イメージ通りのプリント結果が得られます。

カメラとモニターとソフトとプリンターの色合わせ

カラーマネージメントのすすめ

実はデジタルカメラで撮影した画像の色と、パソコンのモニター画面の色、そしてプリンターの色は、それぞれの機器の特性上、異なる色空間を持っています。そのままでは、残念ながら正しい色の表示、正しい色でプリントすることができません。また、使用する用紙の色、部屋の灯りなどの影響によって色は違って見えてしまいます。

そこで、機器ごとの色空間の違いを翻訳し、できるだけ同じ色に近づけるカラーマネージメントをおすすめします。モニターとソフトウェア、プリンターそれぞれ調整および設定し、正しい色でプリントするようにしてください。そうすれば、満足のいく結果につながるはずです。

「Easy-PhotoPrint Pro」は、「Digital Photo Professional」で作り込んだデータを使っている環境、特にプリンターの色調整に有効なアプリケーションソフトです。設定を決めたら、いつも納得のいく出力が得られることでしょう。

このページのトップへ