TOP > プリントテクニック|Print Studio Proからプリントする場合

プリントテクニック

Print Studio Proからプリントする場合

PDFダウンロード

  • Print Studio Proとは
  • 操作画面と基本ステップ
  • カラーマネジメント
  • 便利な機能
  • インデックス印刷
  • 文字入力
  • カラーバランスの調節とパターン印刷
  • モノクロプリント

撮影カットの確認に便利な「インデックス印刷」

レイアウトの「登録済みレイアウト」から「5×4インデックス」を選ぶと、1枚の用紙に20枚の写真を並べるインデックスシートを作成できます。縦横最大10×10までのレイアウト変更ができ、画像と画像の間隔も自由に設定できるので次に紹介する文字設定と組み合せて、オリジナルな印象を与えるシートが手軽に作成できます。

写真が並べられた状態から個別のトリミングが可能なため、レイアウトに合わせたグリッドいっぱいにタイル状に並べられたイメージシートを作ることもできる(トリミングは手動)。

PAGE TOP

さまざまな情報を組み合せて入力できる「文字設定」

プリントに入れられる文字情報は、ファイル名はもちろん、撮影情報なども詳細に入れられ、ファイリングの際に役に立ちます。また、印刷設定情報をプリントできるため、設定を再現したい場合に便利です。

「詳細設定…」で開く別ウィンドウでより細かな情報の設定が行える。

PAGE TOP

画像の鮮鋭感を忠実に再現「コントラストリプロダクション」[PRO-1000のみ]

コントラストリプロダクションOFF コントラストリプロダクションON 「Print Studio Pro」でコントラストリプロダクションを実行。プリンターや用紙の特性による理想とズレを補正。画像が本来もつ精鋭感を維持し、立体感のあるプリントを実現します。 ※イメージ図

プリンター特性や用紙に起因するプリント時の劣化に対して、本来ある精鋭感を忠実に再現するよう補正。撮影時のイメージを損ねることなく、高精細な写真プリントを可能にします。Digital Photo Professional搭載のデジタルレンズオプティマイザとの併用により、最大限の効果を発揮します。

※ 64bit CPU、16GB以上のメモリを搭載したPCを使用する必要があります。

PAGE TOP

納得の一枚をプリントするための「カラーバランスの調整とパターン印刷」

より詳細な調整が必要な場合は、Print Studio Proの「補正」機能を使うことで元のデータを改変することなく納得のいく色に仕上げることもできます。

カラーバランスの調整とパターン印刷

PAGE TOP

簡単に高品位な「モノクロプリント」

Canon PRO LINE PRINTERは、グレーインクの搭載により、色転びの少ないモノクロ印刷ができます。Print Studio Proで「モノクロ写真を印刷する」にチェックマークを付けて印刷すると、グレーインクやブラックインクを組み合せて、安定したグレーバランスを実現します。

Print Studio Proでは、モノクロ印刷の色合いを微調整できます。画像編集ソフトでの色調整と組み合せることで、微妙な色合いを引き出します。また、設定した内容は登録できるので、繰り返し同じ設定で印刷できます。「冷黒調」や「白黒」、「温黒調」の選択のほか、「硬調」でコントラストを強くしたり、「軟調」でやわらかい印象にしたり、細かな色の微調整が行えます。また、イメージしている色合いを探すには、パターン印刷を活用すると少しづつ色合いを変えた画像を一度に確認できます。テクスチャーのある紙へ印刷する場合などは、モニターでの見え方と印象が大きく異なってくることがあるので、コントラストや明るさを大きく変化させてパターン印刷することで、思い通りの仕上がりに早くちかづけることができます。

PDFをダウンロード

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。パソコンにインストールされていない方は、
左のアイコンをクリックし、ダウンロードしてください。