インクジェットプリンターキヤノン写真用紙・光沢 プロ[プラチナグレード] PT-201引き締まった黒

用紙の表面で染料を固定。
だから、黒が締まり、写真全体の鮮やかさが際立ちます。

新染料ブラックインクとの組合せで、より引き締まった黒へ

青みがかった黒、黄色みがかった黒、赤みがかった黒、緑みがかった黒。一口に写真の“黒”と言っても、そこには多様な黒が存在します。
引き締まった“黒”。それは、視覚的に黒々と見える“黒”のことです。黒は写真の真っ黒な部分を担うだけでなく、写真全体の濃度やコントラスト、鮮やかさの決め手にもなります。黒が弱いと、写真は印象の弱い、平板なイメージになってしまうのです。

「キヤノン写真用紙・光沢 プロ [プラチナグレード][型番:PT-201]」は、用紙の表面部分で染料を固定するというアプローチによって、引き締まった黒を実現しました。また、キヤノンは、従来よりブラックインクの色調のニュートラル化に取り組んできましたが、「キヤノン写真用紙・光沢 プロ [プラチナグレード]」と「新染料ブラックインク BCI-351BK」との組合せにおいて、視覚的な黒さを高め、より引き締まった“黒”を実現しました。

染料の固定位置が用紙の表面に近いほど、写真は美しくなります

インクの染料を受け止めて発色させる役割を担うのが、用紙の表面に設けられたインク受容層です。この層が厚いと、染料は下の方まで拡散してしまい、十分な濃度を得にくくなります。しかし単純にインク受容層を薄くしただけでは、インクに含まれる水分が用紙の表面にあふれてしまいます。

速やかな固液分離により、染料を用紙表面で固定

そこで「キヤノン写真用紙・光沢 プロ [プラチナグレード][型番:PT-201]」では、写真感光材料技術を応用した「インクジェットコーティング技術」により、インク受容層を、染料を固定する発色層と、それ以外の水分を吸いとる吸収層の二層に分離しました。
これによって、用紙のより表面近くで染料を固定させることができるようになり、「プロフェッショナルフォトペーパー」よりも、引き締まった黒でメリハリのある写真を実現することが可能になりました。それに加え、吸収層では水分を素早く吸収することができるため、シャープな画質が得られます。

「キヤノン写真用紙・光沢 プロ [プラチナグレード][型番:PT-201]」の染料固定位置

キヤノン写真用紙・光沢 プロ[プラチナグレード][型番:PT-201]発色層でインクの染料を固定できるから、より引き締まった黒になります。
戻る
このページのトップへ