このQ&Aへのご意見をお寄せください
ページ最下部のアンケートにご協力ください

ズーム (望遠側) 撮影時のテクニック (PowerShot SX70 HS)



ズーム (望遠側) 撮影時のテクニック (PowerShot SX70 HS)
更新日 : 2018年12月21日
文書番号 : Q000095193



光学ズームで被写体が大きく撮影できないときは、以下を参考にしてください。
重要
  • ここでは、撮影モードを [ : プログラム AE ] にしていることを前提に説明しています。


  • [デジタルズーム] を [入] にする
1. カメラの電源を入れます。

2. ボタンを押します。

3. ズームレバーで タブを選びます。
 

4. / ボタンで タブを選びます。
 

5. / ボタンで [デジタルズーム] を選び、 ボタンを押します。
 

6. / ボタンで [入] を選び、 ボタンを押します。
重要
  • ズームレバーやズームボタンを操作するとズーム位置を示すズームバーが表示されます。バーの色はズーム領域によって変わります。
- 白の領域:画像が粗くならない光学ズーム領域
- 黄色の領域:画像の粗さが目立たないデジタルズーム領域 (プログレッシブファインズーム)
- 青色の領域:画像が粗くなるデジタルズーム領域
  • 設定した記録画素数によっては青色の領域がないため、ズームが止まらずに最大倍率までズームできます。
  • 以下のモードで設定できます。
メモ
  • 光学ズームとデジタルズームをあわせた焦点距離は 21 - 1365 mm (光学ズーム時は21 - 5460 mm) です (35mmフィルム換算) 。
  • デジタルズームを使わないようにするには、 ボタン -> タブで、 [デジタルズーム] -> [切] を選びます。



  • [デジタルズーム] を [テレコン1.6x] または [テレコン2.0x] にする
1. カメラの電源を入れます。

2. ボタンを押します。

3. ズームレバーで タブを選びます。
 

4. / ボタンで タブを選びます。
 

5. / ボタンで [デジタルズーム] を選び、 ボタンを押します。
 

6. / ボタンで [テレコン1.6x] または [テレコン2.0x] を選び、 ボタンを押します。
重要
  • [テレコン1.6x] または [テレコン2.0x] に設定することができる撮影モードは、です。


1. カメラの電源を入れます。

2. ボタンを押したままにします。

  • ズーム倍率が下がり、ボタンを押す前の表示範囲の目安が白い枠で表示されます。

3. 白い枠の中に被写体が入るようにします。

4. ボタンから指を放します。
  • 手順3の白い枠内が画面いっぱいになるよう自動的にズームします。
重要
  • ズーム倍率を下げている間は、一部の撮影情報は非表示になります。
  • 動画撮影中に ボタンを操作しても白い枠 ( ボタンを押す前の表示範囲の目安) は表示されません。また、ズーム倍率の変化や動作音も記録されます。
メモ
  • 表示範囲の目安が白い枠で表示されているときにシャッターボタンを押すと、そのときのズーム倍率で撮影されます。
  • ボタンを押したままズームレバーを動かすと、白い枠の大きさが変わり、 ボタンを放したあとのズーム倍率を変えることができます。
  • タブの [ 表示範囲 ] で ボタンを押しているときの表示範囲を変えることができます。
  • セルフタイマーでシャッターボタンを全押ししたあとは、 ボタンを押してもズーム倍率は変わりません。


1. カメラの電源を入れます。

2. 望遠側にズームしたあと、 ボタンを押します。
 

  • [ ] が表示され、望遠側に適した手ブレ補正になります。
参考
[ ] が表示されているときにズームレバーを動かすと、ゆっくり大きさが変わって撮りたいものの大きさを微調整できます。

3. 中央付近に表示させたい被写体を選びます。
  • 画面中央に [ ] が表示されます。

4. 被写体に [ ] が重なるようにカメラを動かして ボタンを押すか、シャッターボタンを半押しします。

5. 被写体が画面の中央付近に表示されるよう被写体を追い続けます。

6. シャッターボタンを全押しして撮影します。
重要
  • 構図を変えたときに手ブレ補正の効果が弱まったり、被写体が画面の中央付近に表示されず、 [ ] が灰色で表示されることがあります。このときは、もう一度望遠側にズームして ボタンを押し、中央付近に表示させたい被写体を選ぶ操作を繰り返してください。
  • 動画の撮影を始めると、手ブレ補正の効果が変わることによって撮影前の構図と変わることがあります。
  • 撮影シーンや被写体によっては、思いどおりの効果が得られないことがあります。
メモ
ボタンを押すと、手ブレ補正のアイコンは表示されません。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot SX70 HS

 

[TOP▲]

アンケート

このページのトップへ