ニュースリリース

発表日 2001年1月25日

キヤノン独自の光学式手ブレ補正10倍ズームレンズを搭載した高級デジタルカメラ
“キヤノン デジタルカメラ PowerShot Pro90 IS”を発売



キヤノンは、手ブレ補正機構付き大口径10倍ズームレンズを搭載した“キヤノン デジタルカメラ PowerShot(パワーショット) Pro90 IS(プロ90アイエス)”を2月9日に発売します。

キヤノン デジタルカメラ PowerShot Pro90 ISキヤノン デジタルカメラ PowerShot Pro90 IS(背面)
キヤノン デジタルカメラ PowerShot Pro90 ISキヤノン デジタルカメラ PowerShot Pro90 IS(背面 )

●キヤノン デジタルカメラ PowerShot Pro90 IS‥‥‥‥‥‥価格(税別 )160,000円(発売日:2001年2月9日)

16MBコンパクトフラッシュカード、バッテリーパック BP-511、コンパクトパワーアダプター CA-560、ワイヤレスコントローラー WL-DC100、レンズキャップ、ネックストラップ、AVケーブルが含まれます。



新製品“キヤノン デジタルカメラ PowerShot Pro90 IS”は、ハイアマチュアや業務用ユーザー向けに開発されたもので、キヤノンが誇る先進の光学技術とデジタルイメージング技術を結集し、さらにAF一眼レフカメラ「EOS」の使いやすさを融合させた次世代の高画質デジタルカメラです。

ズームレンズは一般的に、高倍率になるほど手ブレによる像ブレが発生しやすく、この問題を解決するためには手ブレ補正技術が不可欠です。キヤノンは、この手ブレ補正技術の研究開発に早くから取り組み、すでに一眼レフカメラ「EOS」用交換レンズやビデオカメラに搭載し、市場で高い評価を得ています。“キヤノン デジタルカメラ PowerShot Pro90 IS”は、デジタルカメラ用に新規設計したシフト式※1光学手ブレ補正機構付き10倍ズームレンズ(35mmフィルム換算:37-370mm)を搭載することで、高倍率ズームを高画質で実現しました。これにより、野鳥やスポーツ写 真などの望遠撮影が三脚なしで手軽に行えるほか、夕暮れ時やストロボが禁止されている美術館、さらに走行中の車中や船上などの不安定な場所でも、手ブレを抑えた安定した画像を撮影することができます。

また、撮像素子に総画素数334万画素1/1.8型(記録画素数258万画素)のCCDを採用したほか、ISO 50を含む幅広いISO相当感度の設定や、高精度なホワイトバランス、画質劣化のないRAWモードなど先進の高画質技術を搭載することで、優れた描写 性能と色再現性を実現しました。さらに、キヤノン独自のデジタル信号処理IC「映像エンジン※2」により、高速かつ高精細な画像処理を可能にしています。

機能面では、12種類の豊富な撮影モードをはじめ、露出補正や調光補正、さらには1回のシャッター動作で自動的に露出を変えながら3画像を連続撮影できるAEB(Auto Exposure Bracketing)機能など、クリエイティブな映像表現を可能にする多彩 な撮影機能を備えています。しかも、これらの機能は、「EOS」シリーズのコンセプトを継承・発展させた上下2段のモードダイヤルや、大型十字ボタンにより簡単に設定することができます。さらに、撮影スタイルを重視したボディデザインを採用し、可動式液晶モニターや、視野率100%のカラー液晶ビューファインダー(約18万画素)、大型のズームリングを搭載することで、優れた操作性を実現しています。

このほか、撮影領域を広げるシステムアクセサリーとして、ワイドコンバーターやクローズアップレンズ、レンズフードが装着できるほか、EOS用の「スピードライトEXシリーズ」も使用できます。

※1振動ジャイロで手ブレを検知し、その信号に従ってレンズの一部(補正光学系)を平行に移動させ、手ブレを打ち消す方向に光線を屈折させる方式。
※2日本国内において商標登録出願中です。

このページのトップへ
戻る


このページのトップへ