ニュースリリース

発表日 2001年3月1日

キヤノンが“BJ F850アップグレードキット”を発売
最新機種並みの高発色・高耐光性を実現



キヤノンは3月8日より、カラーインクジェットプリンター「BJ F850」(1999年10月発売)を高発色インクに対応させる“BJ F850アップグレードキット”を発売します。


●キヤノン BJ F850アップグレードキット‥‥‥‥‥‥価格(税別)5,000円(発売日:2001年3月8日)



キヤノンは、昨年秋に発売した「BJ F870」をはじめとする新製品ラインナップにおいて、新開発の高発色インクを採用することにより、大幅な高画質化と、「プロフェッショナルフォトペーパー」との組み合わせによる高い耐光性、「プロフェッショナルフォトカード」の使用によるフチなし印刷を可能にしました。新製品はいずれも新世代の写 真画質を提案するインクジェット・プリンターとして市場で好評を博していますが、その一方で、「BJ F850」においても「高発色・高耐光インク」を使用し、同様の性能や機能を求める声が多く寄せられていました。

新製品“キヤノン BJ F850アップグレードキット”は、こうした要望に応えて開発されたもので、本キットを利用することにより、「BJ F850」においても「高発色・高耐光インク」の使用を可能にし、「BJ F870」と同様、専用紙はもちろん普通 紙においても美しく鮮やかな発色と優れた耐光性を実現します。特に「プロフェッショナルフォトペーパー」との組み合わせでは25年以上※1の高耐光性を発揮します。
また、画像加工・編集ソフト「ZoomBrowser EX(Windows®用)/ImageBrowser(Macintosh用)」や、画像レイアウトソフト「PhotoRecord(Windows用)/ImageBrowser(Macintosh用)」、パノラマ合成ソフト「PhotoStitch」が収録された「Canon BJ Solution Disk」を同梱しており、ミシン目入りの写真用紙「プロフェッショナルフォトカード」シリーズ(L判、2L判、六切り判、DSC判)を使用することで、デジタルカメラなどで撮影した画像の取り込みから加工、編集、レイアウト、フチなし印刷まで、一連の作業を誰でも簡単に行うことができます。

なお、本キットには、高発色のインクタンク6個(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック・フォトシアン・フォトマゼンタ各色1個)とBJ F850アップグレード用プリンタードライバー※2(CD-ROM)のほか、ミシン目入りフチなし写 真専用紙「プロフェッショナルフォトカード PC-101 L版」を5枚、便利なソフトウェアを多数収録した「Canon BJ Solution Disk」(CD-ROM)およびその操作ガイドと、アップグレードエンブレムが含まれています。

※1 光源:白色蛍光灯(70,000lux)、温度:24℃、湿度:60%、サンプル上に空気層と2mm厚のガラスを設置(UVカットなし)して評価。反射OD値(1.0)が30%低下する積算照度をリミットポイント(OD=1.0→0.7)として判断。500lux×10時間を1日の照射量 として、寿命(色あせが認識できるまでの年数)=積算照度÷(5,000lux・hour×365)で推測。
※2 BJ F850アップグレード用プリンタードライバーは、本日より、BJプリンタオフィシャルホームページからダウンロードすることも可能です。

このページのトップへ
戻る


このページのトップへ