ニュースリリース

発表日 2001年3月15日

キヤノンがコストパフォーマンスに優れたコンパクトデジタルカメラ2機種を発売
200万画素クラス、光学3倍ズームの“キヤノン デジタルカメラPowerShot A20”
130万画素クラス、光学3倍ズームの“キヤノン デジタルカメラPowerShot A10”



キヤノンは、光学3倍ズームを搭載した200万画素クラスの“キヤノン デジタルカメラ PowerShot A20”を5月中旬に、同じく光学3倍ズームを搭載した130万画素クラスの“キヤノン デジタルカメラ PowerShot A10”を6月上旬にそれぞれ発売します。

キヤノン デジタルカメラ PowerShot A20キヤノン デジタルカメラ PowerShot A10
キヤノン デジタルカメラ PowerShot A20キヤノン デジタルカメラ PowerShot A10

キヤノン デジタルカメラ PowerShot A20/A10(背面)
キヤノン デジタルカメラ PowerShot A20/A10(背面)

キヤノン ウォータープルーフケース WP-DC200キヤノン デジタルカメラフォトプリントキット CPK-A10
キヤノン ウォータープルーフケース WP-DC200キヤノン デジタルカメラフォトプリントキット CPK-A10(国内愛称:写プリキット)


キヤノン デジタルカメラ PowerShot A20‥‥‥‥‥‥価格(税別)56,000円(発売日:2001年5月中旬)
 
キヤノン デジタルカメラ PowerShot A10‥‥‥‥‥‥価格(税別)49,800円(発売日:2001年6月上旬)
 
キヤノン デジタルカメラフォトプリントキット CPK-A10
(国内愛称:写プリキット)
‥‥‥‥‥‥価格(税別)79,800円(発売日:2001年6月上旬)

8MBコンパクトフラッシュカード、単3形アルカリ電池4本、ビデオケーブル VC100(PowerShot A20のみ)、インターフェースケーブル IFC-300PCU、リストストラップ、Canon Digital Camera Solution Diskを含みます。



新製品“PowerShot A20/A10”は、デジタルカメラを初めて購入するユーザーや、手軽にデジタル撮影を楽しみたいというユーザー向けに開発されたものです。普及価格でありながら、優れた操作性と高画質を備え、さらに専用の昇華型プリンターとの組み合わせにより、パソコンを介さずにダイレクトプリントが楽しめるなど、ハイコストパフォーマンスを実現しています。この2機種の発売により、普及クラス市場でのシェア拡大をめざします。

“PowerShot A20”は、1/2.7型の総画素数211万画素CCDと高性能3倍ズームレンズを搭載し、原色フィルターと新開発のデジタル信号処理IC「新映像エンジン」※1を採用することで、優れた色再現性と高S/Nを実現しています。さらに、常に最適露出が得られるインテリジェントAEやノイズリダクション機能を搭載するなど、上位機種並みの高画質を追求しています。
また、ホールディング性能に優れたグリップ形状や大型操作ボタンの採用により、高い操作性を実現したほか、シャンパンゴールドのメタリック塗装を施すことで、ファッション性の高いおしゃれなカメラに仕上げています。バッテリーには経済的で汎用性に優れた単3形電池を採用し、使い勝手の向上を図っています。

さらに、撮影した画像を簡単・気軽にプリントできるダイレクトプリントモードを搭載しており、昇華型タイプの「カードフォトプリンター CP-10」(5月上旬発売予定)と専用ケーブルでつなぎ、カメラ側で簡単な操作をするだけで、誰でも手軽にクレジットカードサイズの高画質プリントが楽しめます。また、水深30メートル防水の「ウォータープルーフケース WP-DC200」(6月発売予定)を用いれば、ダイビングなどのレジャー用や建築現場などの業務用に幅広く使用することができます。さらに、光学アクセサリーとして、焦点距離を約0.7倍にする「ワイドコンバーター WC-DC52」やEFレンズ用のクローズアップレンズも装着※2できます。

一方、新製品“PowerShot A10”は、1/2.7型の総画素数132万画素CCDを搭載したモデルで、ボディカラーにシルバーを採用しました。“PowerShot A20”と同様に、先進の高画質技術とダイレクトプリントモードを搭載したほか、光学アクセサリーや「ウォータープルーフケース WP-DC200」が使用できます。なお、“PowerShot A10”と「カードフォトプリンター CP-10」をセットにした、買ったその日からパソコンなしでデジタルカメラからのダイレクトプリントが楽しめる「デジタルカメラフォトプリントキット CPK-A10」(国内愛称:写プリキット)を6月上旬に発売する予定です。

※1「映像エンジン」は日本国内において商標登録出願中です。
※2装着にはコンバージョンレンズアダプター LA-DC52(別売)が必要です。

このページのトップへ
戻る


このページのトップへ