ニュースリリース


発表日 2001年5月30日

コストパフォーマンスに優れた2.8倍ズームコンパクトカメラ
“キヤノン オートボーイLUNA(ルナ)105 S”



キヤノンは、2.8倍ズームレンズを搭載した35mmコンパクトカメラ“キヤノン オートボーイ LUNA(ルナ)105 S”を6月9日に発売します。

キヤノン オートボーイ LUNA 105 S(スイッチON時)キヤノン オートボーイ LUNA 105 S(背面・スイッチON時)
キヤノン オートボーイ LUNA 105 S
(スイッチON時)
キヤノン オートボーイ LUNA 105 S
(背面・スイッチON時)


●キヤノン オートボーイ LUNA 105 S‥‥‥‥‥‥価格(税別)30,000円(発売日:2001年6月9日)

ケース、リモコン付き

この件に関するお問い合わせ先

キヤノン販売株式会社 カメラ相談センター

TEL 03−3455−9353




新製品“オートボーイ LUNA 105 S”は、「オートボーイ LUNA 105」(1997年6月発売)の後継機として開発されたもので、高機能と高品位デザイン、優れた操作性の3要素をバランス良くまとめ、さらに低価格化を追求したコストパフォーマンスの高いコンパクトカメラです。

高性能2.8倍(38-105mm)ズームレンズを搭載し、諸収差を良好に補正する非球面レンズを効果的に配置することで、ズーム全域において優れた描写性能を発揮します。また、中抜けしにくい3点測距AiAFを採用したほか、あらたにスライド式ライトガイドストロボを搭載することで、望遠域で発生しやすい赤目現象を抑えることができ、失敗が極めて少ない高画質な写真を簡単に撮影することができます。

さらに、±1.5段の手動露出補正や、意図した被写体に確実にピントを合わせる中央1点測距、一瞬のシャッターチャンスも確実に捉えることができるRT(Real Time)レリーズ機能など、効果的な写真撮影が行える高機能を数多く装備しています。

デザイン面では、ボディ前面にホワイトゴールド色とニュートラルチタン色のツートンカラー塗装を施し、レンズ鏡筒周りに金属リングを配置することで、高品位な外観に仕上げています。

操作性においては、各種撮影モードの切り換えを一つに集約したベストショットダイヤルや視認性の高い大型液晶パネルを本体背面に配置したほか、視度調整機構を装備するなど、より簡単・快適操作を実現しています。


このページのトップへ
戻る


このページのトップへ