ニュースリリース


発表日 2001年7月16日

プロニーズに対応した高性能なデジタルビデオカメラ
レンズ交換が可能な“キヤノン デジタルビデオカメラ XL1S”を発売



キヤノンは、レンズ交換が可能なプロニーズ対応のデジタルビデオカメラ“キヤノン デジタルビデオカメラ XL1S”を7月下旬より発売します。

キヤノン デジタルビデオカメラ XL1S
キヤノン デジタルビデオカメラ XL1S
(ビデオレンズ 16×ズームXL5.5-88mm IS II装着時)


キヤノン デジタルビデオカメラ XL1S(レンズ別売)‥‥‥‥‥‥価格(税別)47万円(発売日:2001年7月下旬)
 
キヤノン ビデオレンズ 16×ズーム XL5.5-88mm IS II‥‥‥‥‥‥価格(税別)15万円(発売日:2001年7月下旬)
 
キヤノン マニュアルビデオレンズ 16×ズームXL5.4-86.4mm‥‥‥‥‥‥価格(税別)28万円(発売日:2001年11月)
 
キヤノン マイクロホンアダプター/ショルダーパッド MA-200‥‥‥‥‥‥価格(税別)5万9千円(発売日:2001年7月下旬)

コンパクトパワーアダプター CA-910、電源カプラー DC-900、バッテリーパック BP-930、ワイヤレスコントローラー WL-D3000、
ステレオビデオケーブル STV-150、Sビデオケーブル S-150、ショルダーパッド SP-100、ショルダーストラップ SS-1000を含みます。

この件に関するお問い合わせ先

キヤノン販売株式会社 カメラ相談センター

TEL 03−3455−9353




新製品“キヤノン デジタルビデオカメラ XL1S”は、1998年2月の発売以来市場で高い評価を得ている レンズ交換が可能なMiniDV方式のデジタルビデオカメラ「XL1」の後継機です。“XL1S”は「XL1」の優れた機能や操作性をさらに進化させることにより、撮影者の意図を確実に映像に活かすことが可能で、ブロードバンドの環境整備に伴い近年注目を集めている動画配信(ストリーミング)用のコンテンツ制作をはじめとする業務用機材としての使用に最適なデジタルビデオカメラです。

新製品“XL1S”は、キヤノン独自の「XLマウント」を採用しており、専用の交換レンズはもちろんマウントアダプターを介して、キヤノンのAF一眼レフカメラ「EOS」用の豊富なEFレンズ群も使用できるなど、撮影目的・用途・条件に応じて最適なレンズを選択でき、撮影領域の大幅な拡大を図ることができます。画質面においては、R(赤)・G(緑)・B(青)各色27万画素の3CCDシステムを採用するとともに、3枚のCCDのうちG-CCDを水平・垂直方向にずらすことで画素数を実質約1.5倍に高める「倍密度画素配列処理」によって、41万画素CCDと同等の高画質を実現し、高S/N、高感度、低スミアも達成しています。
さらに「XL1」ユーザーからの要望に応えて、クリエイティブな映像作りを可能にするカスタムプリセット/画質調整機能や、操作性を格段に向上させるカスタムキー機能を採用したほか、ホワイトバランスやゼブラパターン、ゲインコントロールなどのマニュアル設定機能をさらに充実させるなど、細かい点にまで配慮した多くの新機能を搭載しています。

また、“XL1S”の発売に伴い、専用交換レンズとして、「スーパーレンジ光学式手ブレ補正機能」を搭載した“キヤノン ビデオレンズ 16×ズーム XL5.5-88mm IS II”および放送機器レンズと同様の前玉フォーカス式光学系を採用した“キヤノン マニュアルビデオレンズ 16×ズーム XL5.4-86.4mm”の2本と、専用アクセサリーとしてXLRコネクターを4つ備えた“キヤノン マイクロホンアダプター/ショルダーパッド MA-200”をそれぞれ発売します。

なお、デジタル画像処理関連のソフトウエアおよびハードウエアを販売・サポートする株式会社イメージ ワン社(代表取締役:梨子本 絋氏、本社所在地:東京都新宿区)から、“XL1S”とライブストリーミング関連システムをセットにしたソリューションパッケージが同時に発売されます。

新発売の“XL1S”および「XL1」の両方に使用できます。

 
このページのトップへ
戻る


このページのトップへ