ニュースリリース

発表日 2001年8月24日

400万画素CCDを搭載した高級コンパクトデジタルカメラを発売
中・上級者向けの“キヤノン デジタルカメラ PowerShot G2”



キヤノンは、高精細400万画素CCDと大口径比3倍ズームレンズを搭載した“キヤノン デジタルカメラPowerShot G2”を9月20日に発売します。コンパクトデジタルカメラとしては最高画素の400万画素CCDを搭載したほか、原色フィルターやデジタル信号処理IC「新映像エンジン」※1などの先進の高画質技術を採用することで、高い描写性能と色再現性を実現しています。機能面では、多彩なマニュアル撮影機能をはじめ、撮影者の好みに合わせて選べる色効果モードや、測光モード切り換え、再生画像のヒストグラム表示※2などを装備し、作画指向の強い中・上級者のニーズに応えます。また、別売の昇華型プリンター「カードフォトプリンター CP-10」へのダイレクトプリントモードを搭載しており、手軽にカードサイズのプリントが楽しめます。さらに、手にしっくりとなじむグリップを採用し、撮影時のホールディング性能を向上させたほか、AF一眼レフカメラ「EOS」用のアクセサリーが多数使用できるなど、優れた操作性と拡張性も兼ね備えています。

※1「映像エンジン」は日本国内において商標登録出願中です。
※2ヒストグラムとは、横軸に輝度を、縦軸にその輝度の画素数を積み重ねたものをグラフ化したもので、撮影画像の輝度分布を確認することができます。また、白飛びが発生した場合には、その部分を点滅させて警告を発します。

PowerShot G2 PowerShot G2(背面)
PowerShot G2 PowerShot G2(背面)

●キヤノン デジタルカメラ PowerShot G2‥‥‥‥‥‥価格(税別)115,000円(発売日:2001年9月20日)

32MBコンパクトフラッシュカード、バッテリーパック BP-511、コンパクトパワーアダプター CA-560、ワイヤレスコントローラー WL-DC100、レンズキャップ、ネックストラップ、AVケーブル、インターフェースケーブル IFC-200PCU、Canon Digital Camera Solution Disk、Adobe Photoshop LE Diskが含まれます。




【デジタルカメラ市場動向】
2000年のデジタルカメラの総出荷台数(全世界)は、対前年103%増の1,034万台でした。2001年は対前年45%増の1,500万台、うち国内出荷は470万台、輸出は1,030万台になると予測されています。(日本写真機工業会調べ)

【開発の背景】
急成長を続けるデジタルカメラ市場では、多様化するユーザーニーズに合わせて、普及機から高級機まで多種多様な製品が相次いで登場しています。こうしたなかキヤノンは、高画質へのこだわりと作画指向の強い中・上級者や業務用ユーザー向けに、300万画素モデルの「PowerShot G1」を昨年10月に発売し、市場で高い評価を得てきました。新製品「PowerShot G2」は、その後継機として開発された400万画素モデルで、さらなる高画質化と高機能化を達成したほか、ユーザーからの要望を取り入れ、使い勝手も大幅に向上させています。キヤノンは今後も、高画質や機能性、操作性をさらに追求し、デジタル画像ならではの利便性や楽しみを提供するデジタルカメラを開発していきます。


このページのトップへ
戻る


このページのトップへ