ニュースリリース


発表日 2001年10月30日

液晶プロジェクター3製品を発売
○クラス最高の3,700ANSIルーメンを達成したフラッグシップモデル“LV-7545”
○新開発の光学ボックスを搭載した高画質のコンパクトモデル“LV-X1 / LV-S1”



キヤノンは、液晶プロジェクター「LVシリーズ」の新製品として、クラス最高※1の3,700ANSIルーメンを達成したフラッグシップモデル“キヤノン パワープロジェクター LV-7545”と、新開発の光学ボックスを搭載したB5ファイルサイズの小型・軽量モデル“キヤノン パワープロジェクター LV-X1”および“キヤノン パワープロジェクター LV-S1”の合計3機種を11月1日より順次発売します。

LV-7545 LV-X1(LV-S1もほぼ同様の外観)
LV-7545 LV-X1(LV-S1もほぼ同様の外観)

LV-DP12
LV-DP12

キヤノン パワープロジェクター LV-7545 ‥‥‥‥価格(税別) 130万円 (発売日:2001年11月1日)
 
キヤノン パワープロジェクター LV-X1 ‥‥‥‥価格(税別) 49万8千円 (発売日:2001年11月中旬)
 
キヤノン パワープロジェクター LV-S1 ‥‥‥‥価格(税別) 34万8千円 (発売日:2001年12月中旬)
 
キヤノン デジタイザー LV-DP12 ‥‥‥‥価格(税別) 6万円 (発売日:2001年12月中旬)




新製品“LV-7545”は、通常の液晶プロジェクターではカットしているオレンジ光(570〜600ナノメートル付近の波長光)を有効活用し、これにより発生する色変化を電気的に補正する「電動ターボブライトシステム」を搭載するとともに、発光効率が高い200W UHPランプやF1.7の大口径投写レンズ、光利用率を向上させる偏光変換プリズムを採用することで、クラス最高の3,700ANSIルーメンを達成しています。また、光の透過率を高めた1.3型XGAハイコントラスト液晶パネルの採用により、コントラスト比800:1の高品位なXGAリアル投写を実現しています。
新製品“LV-X1”および“LV-S1”は、新開発の高屈折率4P色合成プリズム(名称:クリアプリズム)をはじめ、業界初のF1.6の大口径投写レンズ、蛍石を用いたフィールドレンズなど、キヤノンの持つ高い光学技術を結集した新開発の光学ボックスを搭載することで、小型・軽量化を達成すると同時に色ムラの少ない高品位な投写を実現しています。“LV-X1”においては、クラス最高※2の1,100ANSIルーメンを達成しているほか、XGAリアル投写が可能です。また、“LV-S1”は、348,000円という普及価格ながらSVGAリアル投写および高輝度1,000ANSIルーメンを実現しています。

なお、“LV-X1 / LX-S”および現行モデルの「LV-7340 / LV-7345」(今年9月発売)対応のアクセサリーとして、投写されたスクリーンをポインターで示しながら画面進行などのパソコン操作が行える“キヤノン デジタイザー LV-DP12”も12月中旬より発売します。

※1 1.3型液晶プロジェクターとして、2001年10月25日現在
※2 本体重量3kg未満の0.7型液晶プロジェクターとして、2001年10月25日現在

【データプロジェクターの市場動向】
データプロジェクターは、オフィスでの強力なプレゼンテーションツールとして、またホームシアター用として急速に普及しています。2000年度のデータプロジェクター市場は、全世界で対前年度比138%の110万台、国内で157%の9万台でした。このうち液晶プロジェクターが占める割合は全世界で約79%と推定されています。2001年度は全世界で対前年度比123%の135万台、国内で155%の14万台と予測しており、このうち液晶プロジェクターが占める割合は全世界で約75%と予測しています。(キヤノン調べ)

【開発の背景】
近年ポータブルクラスのプロジェクターは、さらなる高輝度化と高機能・高性能化が要求されています。また、このクラスの製品は大会議室、ホールから一般オフィスに至るまで幅広い範囲において使用されるため、フレキシブルな対応が取れる機能もあわせて必要となります。新製品“LV-7545”は、このような市場動向を捉えて開発されたキヤノンの液晶プロジェクター「LVシリーズ」のフラッグシップモデルです。最高輝度3,700ANSIルーメンは、キヤノンのこれまでのフラッグシップモデル「LV-7535」に比べて約950ANSIルーメン高輝度化で、クラス最高レベルの明るさです。
一方、液晶プロジェクター市場において6割近くを占めるマイクロポータブルクラス(本体重量3kg以下)においては、さらなる低価格化と高輝度化を同時に実現することが求められています。新製品“LV-X1 / LV-S1”は今年5月に発売された「LV-7105 / LV-5110」の後継機で、大きさや重さはそのままに、“LV-X1”は前モデル「LV-7105」に比べて300ANSIルーメン、“LV-S1”は前モデル「LV-5110」に比べて150ANSIルーメン、それぞれ高輝度化を達成しています。
今回の新製品3機種の発売により、キヤノンの液晶プロジェクター「LVシリーズ」のラインアップはさらに充実し、新発売の“LV-7545”を筆頭に、2,750ANSIルーメンの「LV-7535」、A4ファイルサイズの 「LV-7320 / LV-7325 / LV-7340 / LV-7345」、新発売のB5ファイルサイズモデル"LV-X1 / LV-S1"と「LV-7105 / LV-5110」の合計10機種となります。

このページのトップへ
戻る


このページのトップへ